最新の記事 [RSS]
実質逆境ナイン 将棋界のレジェンドじゃないほうの 大人の事情っぽい しかも地学系 ウェブサイト開設18周年!! 円盤マラソン 2018Q2っくがーるず〜あどばんす〜 シュレーディンガーの沼 小さいおねーさん 闇のおねーさん

シャットダウンが速すぎる脆弱性?

Win2000を使っている方で「最近、シャットダウンにやたらと時間がかかる」という方、いらっしゃいませんか? 私も先日 Windows Update を行なったのですが、大体その日あたりから、シャットダウンにかかる時間が異常に長くなりました。 色々と調べてみたところ、原因はどうやら「Q329170」のセキュリティパッチであるということが判明。 今までは10秒程度で落とせたのが、そいつのせいで70秒以上かかるようになってしまい、マジギレ!

頼むよ、MSさんよ。 こっちも好きでこんなパッチを当てているわけじゃないんだからさ。 ただでさえ嫌われているのに、信用を失うようなモノを出しちゃいかんです。 バグを修正するパッチにバグって。 だいいち、考えてみてください。 コンシューマが重視するのは「セキュリティ」と「パフォーマンス」、どっちですか? こんなモノを世に出すようでは、パッチで自社製品の質を高めようと思っても、副作用が怖くて誰も当ててくれなくなりますよ。 で、パッチを出すという努力もむなしく、パッチを当てていないユーザからこんなことを言われちゃうんです。

Windowsはセキュリティに問題がある

まもなく出るであろうSP4は、今回の一件で導入する気を失いました。 SP4には上述のパッチも含まれるそうなので、絶対に入れたくありません。 ところで、上述のパッチを当ててしまいシャットダウンが遅くなってしまった場合の対処法ですが、該当パッチを(け)すべし。 ウソのように治ります。 しかし、内部の事情までは知りません。 たぶん、ていうか、絶対に後遺症が残っているはず。 というわけで、時間の許す限り、再セットアップをお奨めします(笑)

2003年 1月 18日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。