もしかすると仕事人間!?

不本意ながら、仕事以外には何も無い現状が、もしかすると、一番、幸せかもしれないと思い始めた、今日この頃。 もちろん、ほどほどにね。。。

2005年 5月 31日 [この記事のURL] [コメント]


少しは勉強してください

なんだか分かりませんが、ていうか、知る由もありませんが、いきなりネットポリスにつきだしてやるという意味不明なメールが返信されてきました。 新手のスパムかと思いきや、メールヘッダが馬鹿正直な内容でしたので、本人が返信したものだと思われます。

当然、私は件のメールの差出人にメールなど送信しておりません。 そもそも、件のメールの宛先は現在、プロバイダの連絡専用で、利用は2年も前に事実上、放棄している。

ところが、当サイトの全盛期に公開していたためなのか、はたまた、Whoisに登録していたためなのか、受信するスパムやウィルスの宛先の9割以上はこちら。 本当は完全に放棄したいところですが、プロバイダの連絡まで断たれてしまうというジレンマ。

件名は、よく見かけるスパムかウィルスの件名に「Re:」が付いたもの。 差出人として私のアドレスを騙ったメールを受信、馬鹿正直に立腹して返信したというパターンでほぼ確定でしょう。 相手は初心者の中でも特級の初心者に違いない。 だって、、、

「ネットポリス」ってなんですか(;´Д`)

私の知識不足でしたらごめんなさいね。 でも、本当に突き出したいなら普通は「京都府警ハイテク犯罪対策室」とか、もっともらしい名前が挙がるでしょう。 「ネットポリス」って。 一瞬、『ネットランナー』と「ミニスカポリス」が超絶合体した物凄いモノを想像してしまった・・・

冗談はさておき、スパムやウィルスはもとより、知らない相手に対して無闇に返信するなど言語道断。 今のご時世、返信先で自分のアドレスがいかように扱われるか、ちょっと想像してみてください。

私はたまに雑誌社からメールを頂戴しますが、相手が企業であっても鵜呑みにせず、その企業が本物かどうか、でき得る確認を行なったうえで返信するようにしています。 それぐらい、慎重にならざるを得ない世の中です。 少しは勉強してください。

そういえば、古いアドレスは変更してしまえばスパムもウィルスも根絶、かつ、プロバイダの連絡は維持できるのでした。 ただし、変更料として300円が課金される。 放棄したアドレスのメンテナンスに300円なんて払えねぇよ!! (払えよ)

2005年 5月 29日 [この記事のURL] [コメント]


きんぎょ注意報! 完食だよ~ん

『きん注』のBOXを完食しました。 全54話+劇場版の鑑賞に費やした期間は51日。 本当はもっとゆっくり観るつもりでしたが、いつのまにか日課になってしまい、結局、おおよそ、1日1話以上の進行だったようです。 この妙な解放感は、一体、なんだろう。。。

これってやっぱり「打ち切り」ですかねぇ。 ネバーエンド系の作品で終わりが強引なのは大目に見るとして、それにしても、なんだか急です。 やはり、監督の佐藤順一が苦悩したという「『きん注』の問題」が打ち切りの理由でしょうか。

放送局の視点からいうと、当時、『きん注』は安定した人気を博しており、いわゆる「数字」になんら問題はなく、打ち切る理由など皆無でした。 ところが、佐藤氏は過去の談話において、制作の視点から『きん注』のポテンシャルに対する不満を認めています。

佐藤氏は作品を放送以外の方面へ展開したかった。 要するに商材としての活用です。 しかし、『きん注』には、派手なアクションがなければ、巨大ロボも登場しない。 商材としての『きん注』はあまりにも力不足で、意味もなく「魚肉ソーセージ」を販売するのが関の山。 これが、佐藤氏の言う「『きん注』の問題」です。

そこで、佐藤氏はこの「『きん注』の問題」を反省すべく、『きん注』の後番組となる意欲作に取り組みました。 言わずと知れた『セーラームーン』です。 あとはご存知のとおり、爆発的な人気を収め、佐藤氏の狙いは的中。 放送はもとより、様々な方面へ展開。 後続するサブカルの先駆けと呼んでも過言ではない。

『セラムン』を作りたいがために、制作自身が『きん注』を打ち切り。 理由としては十分です。 それにしても、幸中の不幸とでも言いましょうか、『きん注』を語る人が『セラムン』も語るのは聞いたことがない。 『きん注』を観ていた人に限って、『きん注』の反省作品にあたる『セラムン』は観ていない。 私もそのクチですが、これはもはや万人の法則でしょうか ────

敬愛した作品の後番組は意地でも観ない

私の場合、『チャチャ』の後番組の『りりか』は観ていないし、『七ティコ』のナナミ萌えな友人は、後番組の『ロミオ』は絶対に観ないと断言していたし。 10年前の鮮烈な内輪ネタ。

それはさておき、『きん注』の劇場版の画質に感動。 OPがTV版と全く同じなので、比べて観ればその差は歴然。 綺麗すぎて妙な違和感を覚えました。 本気の画質だとこうなるのかぁ。 観はじめてしまえば全く気になりませんが、さすがに、最初は「あれ?」と思いましたよ。。。

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 100% (54/54話)

2005年 5月 28日 [この記事のURL] [コメント]


冷房前線つかまえて

2ヶ月ほど前から、周囲が「暑い暑い」と茹だる中、自分だけはガクガクブルブル。 体温調整が無茶苦茶で、少なくとも過去1年間の体温は37℃を超えっぱなし。 既知の不具合として、わざわざ、医師へ「寒い」とは伝えていない。

しかし、とうとう、空調が冷房に切り替わり、弱り目に祟り目、追い討ちを食らいました。 それでもなお、周囲は団扇を扇ぐ。 半袖姿の人まで。 まだ暑いのですか??? 女性陣でさえ、特に寒そうな様子はない。

私は真冬の服装にジャンパーまで羽織っているのに、なんでいまだに寒いのだろう。 今週末は通院日。 念のため、医師へ「寒い」旨を伝えよう。 しかしながら、「寒い」といわれてもねぇ。 ついでに咳も最悪の寸前。 再ドクストは不可避かも・・・

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 96% (52/54話)

2005年 5月 24日 [この記事のURL] [コメント]


ネタ切れ注意報

ネタが切れました。 ならば何も書かなければいいのに。 理屈では正解ですが、休日は何でも良いから、とにかく、何も書かずにはいられない。 さもなくば、次の更新がいつになるのか分からないので不安。 しかしながら、「ネタ切れのネタ」を読まされる身にもなってみろ。 なんだか「サイトの更新」が趣味化しているような。 妙な趣味に付き合わせてしまい申し訳ない。。。

単にこの上なく暇なのです。 『きん注』は残り4話なので大事に観ていきたいし、とはいえ、他にすることが・・・ あるだろ!! 以前から保留中の本棚の整理はどうした。 『だだだ』はどうした。 「リハビリ」はどうした。 絵を描け、絵を描け、絵を描くんだ。

─── やる気、起きねぇ~

話題の「ピアノマン」を取り上げた今朝のニュースバラエティで、医師がいわゆる「記憶喪失」は医学では「健忘症」と言い(ryと言うのを聞いて動揺。 「健忘症」というのは「記憶喪失」のことだったのか!! よ~く考えれば、確かにその通りなのですが・・・

いやねぇ、服用中の一部の薬の副作用に「健忘症」とあるのです。 そういえば、服用後、しばらくしてから、それ以降の記憶が曖昧かも・・・

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 93% (50/54話)

2005年 5月 22日 [この記事のURL] [コメント]


広告屋撲滅?

そういえば、GWを挟んで以来、広告屋さんが来なくなりました。 頑丈すぎたかな。 ありがたい話しなのですが、せっかくの対策が機能しないのは、それはそれでつまらない。 そう思ってしまうのはプログラマの性(さが)でしょうか。

プログラマといえば、本業はようやく本題の開発フェーズ。 プログラミングは楽しいし、なにより、落ち着く。 夕方頃に決まって発症する動悸なども強くは現れない。 これは行けるか!?

私は「システムエンジニア」ではなく「プログラマ」を志望。 仕様書だのデザイン変更だの、くだらなすぎてやってられない。 ところが、ウチの会社では「両刀使い」で「マルチタスク」な器用さを求められる。 会社は悪くないけど、不器用な私には厳しい。

咳は悪化の一途だし、この先、どうしようかな、、、

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 91% (49/54話)

2005年 5月 21日 [この記事のURL] [コメント]


おらが街にも家電屋が

『きん注』の原作本は、現時点で発売中の第4巻まで完食。 以降は随時、発売待ち。 次回、第5巻の発売日は6月6日。 時間が空いたと思いきや、そういえば、『だだだ』の原作本を購入したような、していないような。 DVDも最終巻へ突入。 順調に進めば来週中には完食か!?

市内に家電屋が進出。 念のため補足すると、今の今までなかったのです。 道内最大手の家電屋が突如倒産。 以来、市内から家電屋が姿を消して幾年。 世間ではめまぐるしくIT化が進むさなか、市内では高齢化が進み、もはや需要のない家電屋の再来は絶望的でした。

市内に家電屋がないために、なにかにつけて遠征を余儀なくされる。 今どき、不便極まりない。 ITに重きを置いたカントリーサインの意味がいまだにわからない。 ようやく、市内でもある程度のことは片づきそうです。 ちなみに、市内といっても結構な距離なので現地へは行っておりません。 近々、誰かに連行してもらうかな(ぉ

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 89% (48/54話)

2005年 5月 20日 [この記事のURL] [コメント]


相変わらずの毎日

かなりヤバイ毎日に気付いてから1ヶ月。 反省したと思いきや、相変わらず、帰宅して『きん注』を観て『きん注』を読んで寝る、という毎日が続いております。 ていうか、悪化してるし。 しかしながら、なぜか、この生活リズムを堅持することで比較的、体調は良好なのです。

そうは言ってもねぇ、最後の作品(?)が『マジプリなコスプレ』で良いのかよ。 しかし、まあ、DVDは残すところ、あと9話。 原作本も発売分はまもなく読み終えそうだし、大丈夫。 そう思った矢先に、今度は仕事が山場を迎えそうな悪寒。

大丈夫。 何がなんでも、今年中には絶対に描きますから、4コマ漫画。 って、まだ半年も経っていないのに、わけもなく焦ってるなぁ。 なにゆえ、そんなに、生き急ぐ・・・

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 83% (45/54話)

2005年 5月 17日 [この記事のURL] [コメント]


初代FM TOWNS似

『きん注』第36話Aパート「葵ちゃんの恋人は誰?」に出てくるコンピューターが、どこからどう見ても「初代FM TOWNS」にしか見えないのは、私の思い過ごしでしょうか、、、

2005年 5月 15日 [この記事のURL] [コメント]


カード会社より重要なお知らせ

おや、カード会社より重要なお知らせが届きました。 ちなみに、VISAに加えてEdyやらeLIOやらFeliCaのごった煮はいいんだけど、先進すぎてただの一度しか利用したことがないカード。 おまけに、そのただの一度の利用先が「ゲーマーズ」というオチまで付いている。 VISAは補助用で基本的にはJCBしか利用していない。

もしや利用しなさすぎで差し止めか? まあ、そんなことがあるはずはなく、開けてみると利用限度額変更の通知でした。 どれどれ、変更後の利用限度額は70万円・・・

─── 70万円!!?

ちょっと待てぇぃ!! もともとの40万円でさえ高額だと思っていたのに、どうして、ゴールドカード並みになるんだよ。 これでは限度などないに等しい。 書類では「便利度アップ」を謳っていますが、こちらに言わせりゃ「危険度アップ」ですよ。 「便利」と「安全」はトレードオフなのだから、「便利」よりも「安全」を第一に考えてほしいと思うのは、決して私だけではないはず。

あのぉ、この金額を自分で下げることはできないのでしょうか・・・

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 78% (42/54話)

2005年 5月 15日 [この記事のURL] [コメント]


やっぱり、雨風には弱い

先週から保留中の『交渉人 真下正義』。 天気はハレバレ、今日こそはと思いきや、強風につき断念。 な~んてね。 『きん注』でもちーちゃんが大絶賛した我が日本の誇る気象衛星ひまわりのおかげで、今日の強風は先刻承知。

このままでは本当に観れずじまいなので方向転換。 地元の劇場は諦めて、昨日、退社後に会社近くの劇場で見てきました。 会社から10分もかからない場所なのに、近すぎて存在すら忘れておりました。 THX認定のこちらのスクリーンが良いに決まってるのにねぇ。

しっかし、帰宅は0時過ぎですよ。 おかげで、今日は朝からグダグダ。 以前は、0時過ぎだろうが全然平気だったのに、発病以来は全くダメっぽい。 先行き、ますます不安、、、

肝心の作品の感想を。 世論などはあまり気にしないタチの私でも、さすがに、今回のは時機が悪いと思いました。 というのも、どうしても、例のJRの事故を彷彿してしまい、しかも、妙にリアルなおかげで素直に楽しめない。

はっきり言って、例の事故を真摯に受け止めている方には快くないです。 ほとぼりが冷めるまで、そうですね、1年後のDVDリリースまでは見ないほうがいいかも。 その点さえ気にしなければ、今回も毎度の調子で十分、見ごたえのある作品でした。

このシリーズでは珍しく、なにやら含みを残した歯切れの悪い結末。 今夏公開の『容疑者~』への伏線だろうか。 そういえば、ロケに札幌も使われたそうですが、結局、よくわかりませんでした。 一瞬だけ気になるシーンはありましたが、そもそも、地下鉄なんか使わないし。。。

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 76% (41/54話)

2005年 5月 14日 [この記事のURL] [コメント]


拝啓、お得意様

先日の誰も気付かないと書いた記事で気付かれたのか、「きまぐれ・らぼ」へのアクセスが急増したというオチ。 更新履歴は存在薄でしょうか。 逆に、運営ノートの存在感が必要以上に濃いのかもしれません。

運営ノートにて告知すると、一定の動きが得られるのに対し、告知しないと閑古鳥。 それならそれで、都合が良い。 軽く流してしまいたい件は告知しなければ良い。 いかんせん、しょうもないですから。 しょうもないモノに時間を割かれるのは心苦しい。

更新履歴と運営ノートの統合は難しい。 従来の更新履歴が運営ノートに紛れ込んで早いペースで流れてしまうのはマズイ。 というわけなので、エンドユーザは「運営ノート」、併せて、奇特なお得意様は「更新履歴」という位置付けでしょうか。 一体、何系のサイトなんだ、ここは。

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 72% (39/54話)

2005年 5月 11日 [この記事のURL] [コメント]


あなたはもう忘れたかしら

『きん注』第37話Bパート「銭湯ってトレンディ」にて、『神田川』(かぐや姫)のパロディで撃沈。 (パロではなくモロですね;^^) 反則だろ!! ありなのか??? ありだからあるのか。 『GA』でもここまでやれる度胸はないだろ。 妙に感激。 ていうか、14年前でも渋すぎですから。。。

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 69% (37/54話)

2005年 5月 9日 [この記事のURL] [コメント]


次回の祝日は「海の日」です

GW、最終日。 ほらね、なにもせずに終わってしまいました。 そのことで後悔するのがイヤだから、谷日は出勤してよかったのです。 想定外に費用がかさみましたが。 なお、次回の祝日は7月18日の「海の日」です。 6月の過労性症候群には十分注意しましょう。

近頃の本の急増に善処すべく、本棚を整理しようと思ったのですが・・・ 収拾がつかない。 私の書籍など他人と比べればかなり少ないほうだと思うのですが、それゆえに、書籍のキャパシティが確保できていない。 これをあっちへ動かすために、あれをこっちへよけて・・・ 頭の中でシミュレートするも、どう考えても解が出てこない。

そ~だそ~だクリームソーダ。 気分転換に『きん注』のDVDを2話も消化。 そんなことで解決策が浮ぶわけもなく、現在、本文章を書いています。 こういうときはダイソーへGOか? あぁ、ダメだ。 原油価格の急騰で品薄なんだよ、今は。 もう、どうでもよくなってきた、、、

ところで「きまぐれ・らぼ」ですが、従来の更新ペースが鈍かったためか、単に興味がないのか、真相はわかりませんが、急に週1回のペースで更新、挙句、運営ノートで全く話題にしないと、笑えるぐらい、誰も気づかない!! 更新履歴不要論、運営ノートへの統合論、浮上・・・

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 67% (36/54話)

2005年 5月 8日 [この記事のURL] [コメント]


雨風には弱い

今日は『交渉人 真下正義』を見に行く予定でしたが、天候不良につき延期。 劇場まで10kmほどの道のりを自転車で行くので、雨風には極めて弱いのです。 ちなみに、私は車はおろか免許も持ってません。

明日の天気は良いようですが、現状、自転車で往復20kmも走れば体力面で月曜日以降の勤務に影響が出そうなので、来週の土曜日が妥当かな。 うっ、これって、面倒になって結局、見ないパターンかもしれない。 さすがに、こういうときは車の便利さに憧れますなぁ。

とはいえ、欧州で盛んな「トラム」、「スローライフ」などのキーワードで知られる、自然環境から精神環境まで幅広い問題を解決する包括的環境対策に強い関心と憧れを抱く私としては、今は便利でも将来において不確定なものについては、極力、利用は避けたいところ。

免許はないと困る場面が多々あるので、機会があれば取得するかもしれません。 政府がパスポート以外の正式な身分証明書を発行してくれさえすれば、それも不用なのですが。。。

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 61% (33/54話)

2005年 5月 7日 [この記事のURL] [コメント]


原作収集・第3弾

思えば『チャチャ』からはじまり、近頃は『きん注』の原作に手を出して、『だぁ!だぁ!だぁ!』の原作まで気になりだした今日この頃。 ついに全9巻をまとめ買いしてしまいました。 札幌JRタワーの旭屋書店で『だぁ!だぁ!だぁ!』を買い占めたのは私です。

「大人買い!」と言いたいところですが、総額がDVDにおける1本の価格にも満たないあたり、DVD収集が基本の私には実感が沸かない。 同時に、漫画というものは、本当に大ヒットしないと割が合わない商売だなぁと、妙なことを考えてしまう。

それはさておき、軽く目を通してみた感想。 さすがに、序盤はアニメとほぼ同じですが、それほど巻を進めずとも、アニメとの差異がまもなく現れました。 アニメにはないエピソードやキャラクターなど、思っていた以上に楽しめそう。 それ以前に楽しむ時間は?

ひとつだけ残念な点が・・・

みかんさんが本編には出てこない!!

薄々と想定はしていたものの、アニメにおいてはみかんさんネタがやけに多く、キー・キャラクター的な存在であっただけに、実は「桜井節」だったという現実はやはり衝撃的。 「汚れた漫画原稿の復元講座」なども「桜井節」なのかな。 ますます尊敬ですよ、桜井弘明監督。

2005年 5月 6日 [この記事のURL] [コメント]


3週間遅れゆえに見る悪夢

カレンダーをよくよく見ると、5月末頃に超大型のGWがもうひとつ。 直前まで誰もその存在に気づかず、既に3週間圧縮状態の業務がさらに圧縮され・・・

という、超恐ろしい悪夢をGWのまっただなかに見てしまいました。 休みの日ぐらいは良い夢を見せてほしい。 というより、せめて、夢の中ぐらいはいい思いを・・・

睡眠中は必ず夢を見ると言いますが、大半は覚醒時点で忘却するため「夢は見ていない」と認識するのが一般的です。 経験上、夢を見ずに目覚めた日は、目覚めも健康状態も良好。 ところが、この1年間、夢を見ない日は皆無。 それどころか、夢に叩き起こされる。

難しい話しはさておき、要するに眠りが浅いのです。 そんなこんなで、(医師の指導のもと)眠剤を多量服用している状況ですが、睡眠時間が延びても夢だけは治まらない。 そもそも、この処方にはいささかの疑問を感じている。

「寝つきは良いけど、すぐに目が覚める」という、再三にわたる訴えにも関わらず、処方されるのは決まって「入眠剤」。 ただ、実際は「入眠剤」で睡眠時間が延びているので、素人が「分類」だけを見て効能が分かるほど単純な世界ではなさそうです。

夢を見ること自体が嫌で嫌で、特に上述のような夢は最悪。 どれもこれも、全部、業務の「3週間圧縮状態」という事実が悪い。 できるわけないじゃん。 正直、私は諦めましたが、連休中、片時も、この「事実」が頭から離れない。

遅れの原因の大半が主導側にあるので本末転倒。 淡々と業務を進めているこちらに非があろうか。 公開が後ろ倒しになろうと知ったことか。 それでも「期日厳守」などと勝手なことを言うようなら、今回だけは頑張りましょう。 ただし、今度こそ「さよなら」です。 残念ながら、今を捨ててでも、将来のために「断薬」を決意する時機が、刻々と迫っているのです。

2005年 5月 5日 [この記事のURL] [コメント]


メンテナンス・フリー

以前に施した掲示板の広告投稿対策は相当な効果を発揮しています。 とはいえ、広告投稿の形跡があまりにも目に余るので、再度改良を施しました。 今回の改良により、念願の「メンテナンス・フリー」を実現。

「ころころと仕様変更」の原理はそのままに、「仕様変更」の部分を自動化。 3時間おきに投稿フォームが自動的に仕様変更されます。 さすがの広告屋も追って来れまい。

しかしながら、正規投稿も場合によっては犠牲に。 投稿フォームに有効期限を設けたため、最長で6時間、最短で3時間以内に投稿していただかないと広告投稿と見なされます。 3時間は保証するので普通はあり得ないと思いますが。

それにしても、はねた投稿は、それはそれで気になりますね。 はねた投稿について、簡易にログでも残しておきましょうか。 追々、フィルタの材料にもなりそうだし。

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 57% (31/54話)

2005年 5月 4日 [この記事のURL] [コメント]


定山渓リベンジ、失敗

雪が溶けて川になって流れていく今日この頃。 昨日は諸事情で去年から行けずじまいの定山渓に再挑戦。 ・・・のはずでしたが、普段からは考えられない大渋滞。 渋滞さえなければ20分足らずという地点で、定山渓は諦めました。 もしかして、我々は定山渓に拒まれている!?

予定を変更して、一路、小樽へ。 ・・・のはずでしたが、普段からは考えられない大渋滞。 小樽市のカントリーサインはなんとか通過したものの、かろうじて日本海を望める地点で、小樽も諦めました。 ふと、高台を見上げると、札樽自動車道は悠悠自適な模様。 「大人の解決」も考えましたが、やっぱり、諦めました。

予定を変更して、一路、支笏湖へ。 いやぁ、ようやくたどり着きました。 しかしながら、ここも人が多いのなんのって。 とりあえず、各々、憂さ晴らしに売店で軽食を。 あぁ、湖だ、湖だよ。 それにしても、高地だけに寒い。

支笏湖に長居するほどの魅力があるわけもなく、一路、勇払のヨットハーバーへ。 ここでは太平洋を一望することができます。 まさか、1日で日本海と太平洋を望むことになるとは。 最後は苫小牧のショッピングセンターで食事などを済ませて終了したとさ。。。

総走行距離280km。 こんなはずでは・・・

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 55% (30/54話)

2005年 5月 4日 [この記事のURL] [コメント]


谷日の交通費

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』の消化率は、ようやく、折り返し地点。 な、長い。 加えて原作本も消化中ですが、1冊がぶ厚いうえに1話だけで100ページ近くもある。 どこで切れば良いのか分からず、堪らず「しおり」を挿してしまいました。 しおりを挿した漫画はこれが初めて。 ちなみに、原作本の消化率は第2巻に突入したところ。 内容が割とアニメとは異なるので面白い。

それはさておき、高額な買い物ほど割と即決なくせ、GW中の谷日の出勤について、交通費の最安値を計算している今日この頃。 定期券で乗車する方が安いのか、切符で乗車する方が安いのか、緻密に計算しているセコい自分がイヤだ。 交通費は別途、支給されているのだから関係ないというツッコミは全く聞こえない。

割と複雑な計算式から導き出された結論によると、定期券で乗車するよりも切符で乗車する方が1,900円ほど安上りらしい。 ただし、切符は往復で1,240円なので、出勤以外で2回以上、札幌へ出ると赤字。 まあ、用事は谷日に済ませてしまうので、切符で行きましょう。

明日の出勤はぶっちゃけ、業務に出る意図よりも、『きん注 (4)』の購入に出る意図の方が強いかも。 発売日は昨日ですが札幌圏は2日遅れなので明日。 なんとも好タイミングではありませんか。 しかしながら、GW中だけに遅れは否めない・・・

『きんぎょ注意報! DVD-BOX』 消化率: 50% (27/54話)

2005年 5月 1日 [この記事のURL] [コメント]