グランドオープン

いまだに現在進行形の業務ですが、昨日、お披露目イベントが執り行なわれ、本日、正式に公開された模様。 ぶっちゃけ、当事者ですらよく分かっておりません。 今朝の新聞の記事を読んで、とりあえず、これにてひと区切りが付いたのかなぁ、という感じです。 しかしながら、相変わらずメンテナンス中なのですが。。。

“今朝の新聞の記事”というのが、どうにも腑に落ちない。 ウチの子会社が全面的に頑張ったみたいな書かれ様。 ウチ(本社)は置き去りですか、そうですか。 まあ、別にどうでもいいのですけどね。 どうせ、事件は会議室で起きているのです。

2005年 9月 30日 [この記事のURL] [コメント]


さよならだけどさよならじゃない♪

懐かしすぎて頭から離れないの、やまかつWINK。 万博は終わってしまいましたが「できそこないぱびりおん」は“100”まで続けたいですね。(ダメじゃん;^^) Gペンにカビが生える以前のモノだと思われる、おそらくはキャリブレーション用に描いた絵が発掘されたので放流。

今さら気付きましたが『できそこないぱびりおん (7)』のRAWが行方不明です・・・

2005年 9月 29日 [この記事のURL] [コメント]


最強言語決定戦

先日トラブルを起こしたアプリケーションですが、どうにも目が離せないので、リリース後は毎日、アクセスログと睨めっこ。 一方、明日はプレスリリース&お披露目パーティーだそうです。 某OSのごとくプレゼン中に落ちませんように、、、

ところで、このアクセスログが曲者で、サイズが1GB/日もあるのです。 普通に開けばPCは間違いなく即死。 近頃は激痩せさせて100MB/日程度ですが、それでも荷が重い。

こういう時こそ、UNIXならパイプに次ぐパイプで、割と器用に処理できるのですが、現在は手元にUNIXが無い。 『Cygwin』は分からないし、『Cygwin』が分かったとしても、結局、その先が分からない。 というわけで、得意な方へ逃げてしまうわけです。

やっぱり Perl だよなぁ

今回のようなケースにおいては適任ですね。 あっという間に処理してくれるし、容易に細かい分析ができるし、ほとんどメモリは食わないし、言うこと無しです。 それはさておき、日毎にHTTP500の件数が増加しているのは、もうしばらく、秘密にしておきましょうか。。。

2005年 9月 28日 [この記事のURL] [コメント]


愚痴なので読まなくていいです

会社の愚痴は書くのも読むのも辛いので書かないと決めたのですが、今日の一件はあまりにも不愉快だったので、ひとことだけ書かせてください。 ※書いたあとに、やはり、書いたことを後悔しております。

これ以上、私の前で部長の悪評を垂れるのなら、反論も辞さないぞ、っと。 確かに「部長」という肩書を持ちながら実装部隊に所属するのは不自然かもしれない。 しかしながら、それでなにか問題でも?

マネージメントができていない? 今回のお仕事の遅延の責任を部長に負わせるつもりですか? 前代未聞の遅延にも関わらず、全くおとがめを受けなかったことについて、なんの疑問も抱かないのでしょうか。

身体の制御が利かなくなり、休職を出願、休職、休職中のケア、復職、復職から現在に至るまでのケア。 医師がサジを投げた現状で、嫌味はおろか、嫌な顔すらひとつも見せず、一手に引き受けてくれたのはほかでもない、部長でした。 ほかの人では絶対に無理。 部長が今の部長ではなかったらと思うと、想像しただけでゾっとします。

これも立派なマネージメントだと思います。 マネージメントができないなど決してない。 もっとも、こんな側面を知っているのは、おそらく、私だけでしょうが。 見えている部分だけで、まして、たったの一件だけで資質を疑うのは絶対に間違っている。

私から言えることは、そこらの上司よりも、よほど、暖かい上司だということ。 常識に則した「エリート上司」がお好みなら勝手によそへ行ってくれ。 どうしても、現状を変えたいとあらば、そのときは私も去る所存。 PG寄りの部長が実装部隊から外される様など、痛々しくて見てられない・・・

2005年 9月 27日 [この記事のURL] [コメント]


なぜならそこに定山渓があるからさ

第1弾第2弾、これまで、散々に拒まれ続けた定山渓、三度目の正直。 1年越しの念願叶い、ようやく、定山渓へ到達。 長かった。 というわけで、かねてよりの目的だった「足湯」に浸かってまいりました。 正直、お年寄りスポットだと思っておりましたが、実際は若者スポットでした。 皆さん、お疲れですか? 私は肩ツボを押しまくって、こころなしか肩の張りが和らいだ感じです。

ところが、そうは問屋が卸さない。 さすがは、連休最終日とあって、行きはともかく、逆方向が大渋滞。 仕方がないので、定山渓からさらに進み、中山峠、喜茂別、大滝、支笏湖、千歳を迂回する帰路を選択。 羊蹄山が見えてるし。 しかしながら、札幌を目指すより、こちらのルートのが確実に早いのです。 地図を示せれば面白いのですが、流用できそうなソースが見当たりません。 ローカルなネタで申し訳ないです。 (テキトウな外周地図)

2005年 9月 26日 [この記事のURL] [コメント]


ブロッコリー×アートディンク=!?

ギャラクシーエンジェルII
制作: アートディンク

ん? おかしいな? 目が腐ったかな?

ギャラクシーエンジェルII
制作: アートディンク

あれ? 読み間違えたかな? もう一度・・・

ギャラクシーエンジェルII
制作: アートディンク

なんですとーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

2005年 9月 24日 [この記事のURL] [コメント]


絶対領域

先週あたりに放送された『TVチャンピオン』の「アキバ王選手権」で、「絶対領域」がどうのこうのと言っておりました。 私はてっきり「ATフィールド」のことだと勘違いして、思いっきり聞き流してしまいましたが(てゆーか、イタすぎて観てらんない;^^)、どうやら、想像を絶する意味だったようです。

ミニスカートとニーソックスの間の素肌のことを「絶対領域」と呼ぶそうです。 その中でも「至高の比率」は、

スカート丈 : 絶対領域 : 膝上のニーソックス = 4 : 1 : 2.5

だそうです。 なんじゃそりゃ。 もう、わけわからん。 てゆーか、この割合だと、スカート丈と、膝上からスカートまでの比率が 4 : 3.5 というわけで、スカート短すぎ!!

『黒バラ』風に言うと、まさに「撃沈」です。 個人的に「ニーソックス」は畑違いなので、この件は知り得なかったことにしちゃいましょうか・・・

2005年 9月 24日 [この記事のURL] [コメント]


初めての軍曹

昨日は祝日とかろうじての記憶で、ようやく『ケロロ軍曹』を拝見することができました。 色んな意味で面白すぎ。 これはヤバイ。 パロディの具合が『GA』に優るとも劣らない。 てゆーか、『きん注』の時代から相変わらず、佐藤順一監督のパロディは直球なので、観ているこちらがヒヤヒヤです。 サンライズ作品なので、少なくとも『ガンダム』ネタについてはお墨付きでしょうけどね。

金曜の18時!! かつては『姫ちゃ』、『赤チャ』、『りりか』、『こどちゃ』の時間、私のゴールデンタイムですよ。 その後の流れはよく分かりませんが、堂々巡って、ようやく、軌道修正ができたのではなかろうか。 「NAS」なんて社名をリアルタイムで拝見したのは本当に久しぶりです。

今回の主役「タママ」のCVこと、

小桜エツ子 キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!

いつも思うのですが、この人はこの声しか出せないのだろうか。 語尾に「みゃ」を付けた日には、完全なる「みけやん」で萌え萌えなんですが(爆) 色んな意味で面白すぎ。 これはヤバイ。

2005年 9月 24日 [この記事のURL] [コメント]


RSSUCを昇格

「きばぐれ・らぼ」にてひっそりと公開していた『RSS Update Casting』ですが、お色直しを施したうえで「ソフトウェア」へ正式登録、昇格とあいなりました。 1年ぶりに「ソフトウェア」を更新。 てゆーか、これでいいのか、ClockRoom!? だって、しょ~がな~いじゃない♪

2005年 9月 24日 [この記事のURL] [コメント]


無個性なわぴ

ちゃんと描いてますよ、一応。 というわけで、今回のお題は「わぴこ」です。 ただ、わぴこは個性が強すぎるので、今回はあえて「無個性なわぴこ」を描いてみました。 どのあたりが無個性なのか、自分でもよくわかりませんが(汗)、とにかく、おとなしくさせてみました。

相変わらずパーツとバランスが上手くいかないなぁ。 試行錯誤しているうちに紙面がグチャグチャ、思わずトレースしちゃいました。 それならペン入れまで進めたいところですが、現在は「ペン入れ縛り」中なので、とりあえず、トレースでストップ。 追ってペン入れのネタにするかも。

2005年 9月 23日 [この記事のURL] [コメント]


Inspire the Next

『恋のマイアヒ』のPVで「モナー」っぽいキャラクターが利用されたことで、相当な批難を沸かせた騒動がありましたよね。 あの時、容疑者エイベックスは「インスパイア作品だから権利侵害ではないし、他への抑圧もしない」と、言葉巧みに回避しました。

今朝方、ふと思ったのですが、著作権に対して強行的な態度を取ったエイベックスが選択できる態度だろうか。 自身の都合に合わせて態度が豹変するのは感心しませんなぁ。

「子は親の背を見て育つ」と言います。 著作権に厳しいエイベックスが「インスパイア」という言葉で権利侵害を回避したことは非常にマズイ。 「この作品は○○さんの作品をインスパイアしたオリジナル作品、権利侵害ではない」といえば回避できることを、うっかり証明してしまったわけです。

「インスパイア」なんて言葉も、法的解釈では、結局のところ「二次著作」ですよ。 インスパイア(という名の二次著作)ならありなんですね、エイベックスさん!! 今後の活動の幅が広がりそうです(笑)

2005年 9月 23日 [この記事のURL] [コメント]


毎月20日はでじこの日

松淳のDVDを探しに、大通まで遠征してしまいましたが、結局、マツケンしか見つからないというオチは、冷静に考えれば予測できたわけで。

代わりといってはなんですが、「毎月20日はでじこの日」というフレーズを思い出し、急遽、ゲマ屋ヘ。 先月は一歩及ばず「りんな&みけテレカ」の入手に失敗しましたが、今月はギリギリセーフで「ぷちこテレカ」をゲット!! 「りんな&みけ」も捨てがたいけど「ぷちこ」のがいいじゃん!

以前よりささやかれており、本件で再浮上する自身の「ぷちこ萌え疑惑」。 確かに、ぷちこ萌えかもしれません。 容姿からは想像できかねる痛烈な毒舌が堪りません。 B型というのも高得点。 ようやく、おぼろげに自覚してきました(笑)

できれば両方とも欲しいところですが、テレカは30ポイントが必要で、36ポイントしか残っておらず、結局、片方しか選べないのです。 結果的に先月の入手失敗は成功だったわけですね。 それにしても、150ポイント以上もあったのが、今や6ポイントとは。 ちなみに、1,000円毎に1ポイントです。

・・・って、あれ? ゲマ屋で15万円も買い物したのか!?

2005年 9月 22日 [この記事のURL] [コメント]


カリスマエレクトーン

惚れた。 エレクトーン奏者の松本淳一に惚れました。 凄すぎる。 何なんだ、あのテクは!? エレクトーンには3つの鍵盤がありますが、明らかに、それ以上の音が聞こえる。 スプリットしてアサインを増やしたとしても、それにしても、あの演奏は尋常ではない。

DVDが欲しいけど、見つかりませんでした。 てゆーか、ジャンルがわからない。 毎度のことなので、慣れっ子ですが、他人と趣味が異なると、こういう場面で苦労します。 明日、ほかの店を当たってみて、見つからなければ「楽天」ですね。

2005年 9月 21日 [この記事のURL] [コメント]


On Your Mark

CHAGE&ASKAの『On Your Mark』という楽曲があります。 スタジオジブリがこの楽曲のPVを制作し、同社制作の『耳をすませば』で同時上映されました。 劇場で観て以来、一度も観ておらず、VHSは販売されたものの、DVDでは出ないものかと思っておりました。

先日放映された『猫の恩返し』で同時放映されたと、後から聞いて、悔しいことこの上なし。 90分尺の作品が120分尺な時点で何かに気付くべきでした。

経緯はこれくらいにして、なにはともあれ、念願叶い、ようやく出るようです。 同社制作の短編集が近く発売されるようで、それに収録される模様。 ほかの作品は知りませんが、『On Your Mark』のために、もちろん、購入します!

2005年 9月 20日 [この記事のURL] [コメント]


春の夜の夢のごとし

『楽園のがーでぃあん』は完結しました。 プレイ時間は6時間程度。 ちょっとした暇潰しとしては十分すぎるほどのボリュームです。 アクション性はこれが普通ですよねぇ。 『楽園』のラスボスよりも『フェルガナ』の最初の中ボスのが強いというのはねぇ(苦笑)

斜め移動をしながらジャンプができない、ハードウェアの問題でダメかと思いましたが、キー・アサインを変更しながらなんとか切り抜ける。 USBキーボードだと不都合ないのかな? 昔から言われておりますが、PS/2キーボードだと斜め方向とその他のキーの組み合せが利かないのです。 ここぞという場面に限って、ビープ音がむなしく鳴り響き、画面では主人公がオダブツに・・・

それにしてもすごいよなぁ。 これだけのモノを完成させてしまうのだから。 私にはもうゲームを制作する能力はありません。 どこかで完全に失ってしまいました。 『ニンジン畑』のコードなどを見ても、何がどうなっているのか、さっぱりわかりません。 単にコードとフレームワークが汚いだけかもしれませんが。 (リンク先のコードは94個中のひとつです)

なにはともあれ、連休第1弾のうちに片付いてくれてよかったぁ。 一方で片付け切れなかった課題も山積みなのら。 谷山浩子の気絶すんぜん☆なのら~

2005年 9月 19日 [この記事のURL] [コメント]


楽園のがーでぃあん

『TECH Win』で連載されていた『楽園のがーでぃあん』が一般公開されたのでプレイしております。 契約関係で公開は無理なのだと勝手に思い込んでおりましたが、全く関係ないのか、もしくは、契約が満了したのかな。 気になっていただけに、公開されて嬉しいです。 しかし雑誌は買わない(汗)

3時間ほどプレイしたところで、まだ中間くらいかな。 存外に道のりは長い。 とはいえ、『フェルガナ』をプレイして間もないためか、無条件でヌルい。 作品に問題はありません。 『フェルガナ』がヤバすぎなのです。 それに慣れた自分も(笑)

難易度は妥当だし、シナリオに無駄はないし、頭を使う場面が豊富だし、私は好きです。 パズルが全くダメな人は序盤で挫けるかもしれませんが。 ゲームパッドに対応しているとよかったかなぁ。 良くも悪くもバランスの優れた作品だと思います。

さて、ほかの予定が滞らない程度に、引き続き、楽しむとしましょうか。。。

2005年 9月 18日 [この記事のURL] [コメント]


秀ちゃんとしいねちゃん

前回、秀ちゃんを奥へ追いやってしまったことへの償いも含め、秀ちゃん集中描画中、思わぬ事態に直面。 秀ちゃんを描こうとすると、どうしても、しいねちゃんになってしまう!! 根本的に異なるキャラクターのはずなのですが、なんだか、ごっちゃになっております。

というわけで、急遽、二人を並べた図を描いて、描き分けを図りました。 ざっくり10分前後で描いたモノで恐縮です。 う~ん、先に宣言しておかないと、秀ちゃんをしいねちゃんだと言っても誰も疑わないような(苦笑) しかしながら、その逆はなぜか無理っぽい、、、

「らくがき」の公開は品位を損ないかねませんが、もう、この際、なんでもありです。 メインであるはずの「ソフトウェア」や「サウンド」が1年以上も停滞、今後のマイルストーンも空白である以上、このまま突っ走るほかに道はないのです。 なによりも今はこちらのほうが楽しい(汗)

2005年 9月 17日 [この記事のURL] [コメント(2件)]


凶悪なトラブル

うあぁ、最も恐れていたトラブルが発生してしまいました。 開発環境で頻発していたものの、公開前環境では一切再現しないため放置したのは、やはり、大間違いでした。 稼動開始から5日目で死亡はヤバイ。 しかも、ほかのアプリケーションも巻き込んでるし・・・

目視上、私が担当した箇所で発生するためなのか、さも、私が悪いようないわれようですが(被害妄想気味)、先日、証明したとおり、2行のコードでも再現するため、濡れ衣です。 今回のアプリケーションは1.0GHz以下の劣悪なサーバで運転できる規模を超えている。 明らかにスペック不足。

だからさぁ、早いところリプレイスしてくれよぉ。 できればロードバランサなども入れてほしいなぁ。 危うく連休を落としかけるところでした。 先日の日曜から休んでいないのに、勘弁してください。 原理は謎ですが、対処法は押さえていたため、まずは応急処置で様子見です。。。

2005年 9月 16日 [この記事のURL] [コメント]


紙面は計画的に

きまぐれ・らぼ」に「きん注強化月間」を設置しました。 取り急ぎ1枚だけ公開。 「やっぱり『きん注』はこの構図だよなぁ」などと考えながら、紙面の中心あたりから描き始めたところ、見事に紙面が足りなくなりました(汗)

葵ちゃんを描いた時点で遠近がおかしくなり、苦し紛れに葵ちゃんを手前へ移動したところ、今度は秀ちゃんが奥へ奥へ。 うわぁん、ごめんよぉ、悪気は無いんだぁ。 不可抗力というやつで(泣) テクニックでダメならテクノロジーでなんとか。 一瞬、魔が差しましたが、それなら初めから丁寧に描けというわけで、却下。

パーツからバランスから、すべてがめちゃくちゃでツッコミどころ満載。 もはや、修正しても無駄というわけです。 しばらくはペン入れ無しで基礎固め、課題克服。 その後、ペン入れ、着色など、徐々にスキルアップを目指しましょう。 「月間」というのは単なる語呂合わせで、実際は無期限です(笑)

評定: 30点 / 基礎をしっかり, もう少し丁寧に描きましょう

2005年 9月 15日 [この記事のURL] [コメント]


きん注強化月間

どうやら、完全に「ボーゲンの法則」にハマってしまったらしい。 「ボーゲンの法則」とは、スキーの初心者がボーゲンとブランクを延々と繰り返すことから、練習とブランクを延々と繰り返す、デッドサイクルの法則。

自分でも理由がよくわからないのですが、またもやブランクを作ってしまいました。 う~ん、ブランクの期間中、一体、何をやっていたのか、全く思い出せない。 この際、超初心に返って、他人様の絵の真似ごとからやりなおそうと思います。

というわけで、チャチャ!! と、言いたいところですが、なぜかチャチャは問題なく描けてしまう。 これでは意味がないので、唐突ですが「きん注強化月間」を宣言。 気が済むまで『きん注』を描く。 なぜか原本の真似ができないので、特徴だけ押さえて好き勝手に描いてみる。

とりあえず、わぴことぎょぴちゃんを描いてみたところ、妙にしっくりしており、すっかり、調子付いてしまった自分。 ちーちゃんは、ギャグ顔はともかく、通常顔が難しい。 秀ちゃんと葵ちゃんは大丈夫。 タミたんは髪型にクセありだけど、是非とも押さえておきたいキャラクターですなぁ(笑)

「統一性がないのは苦手」といっておきながら、自身、および、当サイトが最も統一性を欠いているという点については、ノーツッコミでフィニッシュです(汗)

2005年 9月 13日 [この記事のURL] [コメント]


何度でも蘇る

見ろ!! まるで野党がゴミのようだ!!

あ~あ、やっちった。 国民の品位を問う選挙だと思っていただけに、今回の極端な結果には落胆を隠しきれない。 自爆解散どころか野党犬死に。 とはいえ、これが「民意」だというのなら、甘んじて受け入れようぞ。 自分は少数派だということがよく分かりました。 民主主義の原則に従います。

民主主義と独裁政権は紙一重だよなぁ。 北朝鮮も一応、民主主義国だしさぁ。 こうなった以上は、第3次・小泉内閣、もとい、独裁政権のもと、民営化なり、大増税なり、年金改悪なり、自衛隊を軍隊にするなり、周辺諸国に喧嘩を売るなり、やりたいようにやればいいさ。 いや、やらなければならない。 なぜなら、それが「民意」なのだから。 金ならいくらでもくれてやるわい・・・

結局、今回のポイントは、北の最終兵器イゴールボブチャンチンが復活したことくらいか。 宿敵も復活したようだし、是が非でも期待せざるを得ない。 もちろん、別な意味で(笑)

さ~て、マツリゴトはもういいや。 絵を描こう、絵を描こう♪

2005年 9月 12日 [この記事のURL] [コメント]


ロングラン・プロジェクト

「ここほれ ワンワン 花咲かじーさん と 思いきや じつは ちょっとばかし ちがうんだよーんの あらやだ 長いタイトル」というくらい、長いよ、今のお仕事。 でも ────

ようやく終わった・・・ orz

と思いきや、まだまだ、終わらないんだなぁ、これが。 本日、休日出勤でようやく公開。 とはいえ、あくまで「プレリリース」の扱いで、「プレスリリース」はもう少し先なのです。 それまでは落ち着かない。 モノになってはいるものの、残課題が山積みで、半ば強引に公開したような状況。 課題処理が引き続くのです。 まあ、公開してしまえばこっちのものですがね(笑)

飲みに誘われましたが、今日は丁重に遠慮しました。 残業謹慎中なのに残業続きで、そのうえ、休日出勤。 さらに飲みに行くなど無理です。 準備しておりません。 はた目からは健康そのものなので忘れられがちですが、傷病の身で活動制約が厳しいのです。 てゆーか、酒類謹慎中だし、財布の中身は2,000円だし、それは今月の予算だし(えっ?)、風邪で不調だし。 それに、まだ、気が向かない。

それはさておき、春に任された別件のお仕事、アレは一体、どうなったんだ??? 公開したとも、終息したとも、一切、なにも聞いていない。 「某社」へ行けば状況がわかるかもしれない・・・

公開済みだし!!

あれ? 納品した覚えが全くないのですが(爆) β版として担当者に渡したブツが、そのまま納品されたくさいぞぉ。 書類も渡していないのによくセットアップできたなぁ。 大丈夫かなぁ? まあいいか。 たいしたブツではない。 なにを手掛けたのかは内緒の秘密(笑)

そういえば、「地球の未来にご奉仕するにゃん!」的な業務もやったよなぁ。 結局、アニメは全く観ていないので、わけわからん状態でしたが。 最近はこういう軟派な業務とは疎遠だなぁ。

なぜかこれまでのことが走馬灯のように。 色んな意味で最期かも。 改めて思い返すと、業務に統一性がない。 苦手な環境。 願わくば、カタギな業務から離れたいかも、、、

2005年 9月 11日 [この記事のURL] [コメント]


LaTeX 入門

以前、外積と内積の記事で数式の画像を示しましたが、あまりにも汚かったので、勉強がてら『LaTeX』で描き直しました。 以前のは『MS 数式エディタ』で作成したのですが、使いづらいうえに画像が汚いという役立たず。 いや、全く使えないわけではありませんが、やはり、餅は餅屋でしょう。 MSのは“餅屋”ではないのか!?

『LaTeX』は初めてでしたが、職業柄、なんとかなるもんですね。 職業病とも言いますが(苦笑) それにしても、300MB弱とは驚きです。 『Ghostscript』でさえ20MB弱なのに、桁が違うよ。 この手のソフトウェアは「省スペース」という勝手な思い込みは見事に崩壊。

それはさておき、やはり、構図も仕上りも綺麗、文句無しです。 スクリプトから作成するのでマウス操作は不要。 数式を描くのにGUIではいかに面倒かを思い知らされました。。。

2005年 9月 10日 [この記事のURL] [コメント]


掲示板、仕様変更

テーマへのコメントはありがたいのですが、それが増えるにつれ、掲示板の仕様の欠点が露呈しました。 全く整理せずに表示していたため、とにかく、わけわからん。 私自身がわけわからんのですから、一見さんはもとより、常連さんもわけわからんでしょう。

常連さんなら適当に馴染んでいただけるので、まあ、良しとして、一見さんにとって見苦しいカタチはマズイ。 仕様が原因で離れられては悲しいので、掲示板の仕様変更を行ないました。

今回は、テーマへの投稿について、一定の整理を行ないました。 具体的には、テーマへの投稿について、テーマ毎に最新の1件のみを表示、残りは非表示としました。 つまり、掲示板に表示されるテーマへの投稿はテーマ毎に1件のみ。

最新以前の投稿の表示、および、新規投稿は、投稿右下の[一覧表示(n件)]より行ないます。 動作は以前の[テーマへコメント]、または、運営ノートの[コメント/トラックバック]と全く同じです。

余計な機能を排除して最小限のデザインへ変更。 CSSを変更したので、毎度のことですが、表示に違和感を覚えた場合は再読込をお願いいたします。

2005年 9月 10日 [この記事のURL] [コメント]


継続定期

“JR通い”はかれこれ8年目ですが「継続定期」の意味を今日、ようやく、知ることができました。 継続定期とは、定期を購入する際に期間が連続する定期を返却すると発行される定期です。 でかでかと「継続」と表示されますが、全く意味が分かりませんでした。

10日までの定期を所持しておりましたが、都合により11日からの定期を9日に購入。 通常、古い定期は返却することになっておりますが、10日まで利用できるので黙っておりました。 そうしたら、なぜか返却を迫られたので渋々と返却。 まあ、10日は利用しないから、別に良いかと思っていたところ、駅員曰く、表示上の利用開始日は11日だけど、既に利用できるとのこと。

なるほど。 利用開始日以前から利用できるのが「継続定期」か。 要するに期限延長なのね。 誰も、どこにも、説明が無いので、謎が解けて良かったです。。。

2005年 9月 9日 [この記事のURL] [コメント]


台風一過?

身構えちゃった割には、ちょこっと風が強いだけで、JRは平常運行だし、色んな意味で取り越し苦労でした。 まあ、これで良いのですが。

会議室の空調で凍えてしまい、今さら夏風邪をひいてしまいました。 ただでさえ、色々と辛いうえに鼻水とのどが痛い。 諸般の事情で市販の薬は服用できない。 のど飴で我慢。

誰が何と言おうと、周囲が半袖だろうと、外はもう冬です。 冬服に衣替えして、早々に毛布を出しました。 ひと足お先に毛布へ潜らせていただきます。 寒くて洒落になりません・・・

どうでもいいけど、4日ぶりの夕飯にありつけました。。。

2005年 9月 9日 [この記事のURL] [コメント]


情状酌量というやつで

NABIたんは思いっきり真上直撃コースのようです。 ちなみに「蝶」という意味だと、K☆大先生から教わりました。 意味までは気にしなかったなぁ。

それはさておき、会社に行けるのだろうか。 台風で地下鉄は止まらないので市内組はのん気なものですが、我々、市外組にとっては死活問題。 最悪、VPNとリモートデスクトップで、打ち合わせ以外の通常業務は事足りてしまうのですが ────

在宅業務は無給なので素人にはオススメできない・・・

2005年 9月 8日 [この記事のURL] [コメント]


修羅場×NABI

ちょい修羅です。 日付を超えないだけマシですが、夕飯は摂れません。 食事より睡眠を優先しないとマズイので、栄養摂取は他の食事でカバー。 しかしながら、まともな食事は朝食だけかも。 当然、お絵描きの時間はありません。 とは言いつつ、更新だけは怠らないのね。 とにかく今週で終わりなので適当に頑張ります。 さしあたり「NABI」の動向が気になります。 やはり直撃ですかね・・・

2005年 9月 7日 [この記事のURL] [コメント]


老兵は死なず、ただ去るのみ

よその会社からウチの会社へ中途採用された方達は、口を揃えて「この会社は変」と言います。 変らしいです。 老兵組にはわかりません。 そのような人たちが「よその風」を社内へ吹き込ませた日には、思わず、老兵組は一歩引いてしまいます。

大体は会社の文化というか、伝統というか、そういったものに飲み込まれて、結局は落ち着くのが筋なのですが、ここ数ヶ月の新入りさんはなにかが違う。 引くとかそういう次元ではない。 今回の新風には正直、参っております。 そもそも、新入りさんが急増したおかげで老兵組が負けそう。 このままでは飲み込まれてしまう。 かつてのアットホームな雰囲気が・・・

立つ鳥跡を濁さず、老兵は死なず、ただ去るのみ。 体力的にも精神的にも辛い現状、現実味をおびてきました。 現在のお仕事は、徹夜マンセーでも日曜日には絶対に完了とのことなので、そのあと、ゆっくり考えます。 後世に残す仕様書と、使途不明な退職届を書きながら。。。

2005年 9月 5日 [この記事のURL] [コメント]


ジン、ジン、ジンギスカ~ン

大阪では一家に1台、たこ焼き器」という話はよく聞きますし、ご当地の方が言うのだから疑う余地はありません。 一方、内地でまことしやかに語られている「北海道では一家に1台、ジンギスカン鍋」は全くのデタラメであることを、道民を代表して訴えたわけですが(笑)、そもそも、そんな鍋は知らないとのこと。 ギャフ~ン

そういえば、『あずまんが大王』でも「ジンギスカンとはなんぞや?」というエピソードがありました。 もしかして、ジンギスカンはマイナー料理ですか? 近頃、関東ではジンギスカンブームだと聞きましたが、西日本までは届かずですか。

そうなると謎が残りますね。 このようなデタラメがどのように広まったのか。 内地から見た単なる印象と考えるのが自然ですが、しかしながら、内地においてジンギスカンはマイナー料理。 つじつまが合わない。 道民が観光客に言った冗談が広まったのだろうか。 道民はデタラメな北海道ネタが大好きですからねぇ(苦笑)

身近な北海道出身者に先述の真偽を聞いてみてください。 高い確率で「偽」と返ってくるはずです。 私自身も結構、聞きましたが、みんなデタラメだと言います。 私なんかは一家に1台どころか、生まれてこのかた、実物を見たことがないような気がする。

なお、出身がわからない場合は「わかさいも」と叫ぶと北海道出身者を振り向かせることができます。 (注: これもデタラメですが、稀に当たるかも)

要するに、普及云々以前に、専門店へ行くか、さもなくば、本格志向と同席しない限り、あの鍋には出会えません。 我が家でジンギスカンといえば手抜料理の代名詞。 あんな鍋を使用したのでは手抜になりません。 深めのホットプレートで十分です。

「街にクマが出る」、「雪では傘を差さない」、「キツネを見たらルルルル」など大半はデタラメ。 てゆーか、病気になりたくなければ、野生のキツネには決して近づかないでください。 ところで、真実のようなデタラメもあれば、デタラメのような真実もあります。 ちょっとややこしいねぇ。。。

2005年 9月 4日 [この記事のURL] [コメント]


行列のできる画材フロア

そういうわけでどんなわけで、あまりにも悔しいので、本日中に映画とセールと散髪をすべて片づけました。 あぁ、このスケジュールは激しく厳しいかも・・・

映画は『容疑者 室井慎次』です。 コンセプトについてはシリーズで一貫しておりますが、この作品はサスペンス仕立てで、いつもの感じとは全く違いますね。 こういうのも悪くないですが、いつものノリを期待すると退屈かも。 隣の人なんか完全に寝てたし(笑)

ほとんど買い物はないつもりでセールに臨みましたが、いざ現場に到着すると、結局、2,000円ほど散財してしまいました。 しかも、使用するのかどうかもわからないものに。 まあ、年に一度のお祭りですから。 それにしても、決して不足しているわけではないレジカウンタに長蛇の列。 20mはあったと思う。 20%OFFはすごいと思ったと同時に、こんなにも需要があるものなのだと感心。

最後は行きつけのお店で散髪。 ようやくサッパリした。 仕事もサッパリしないかなぁ。

2005年 9月 3日 [この記事のURL] [コメント]


みんな時間にルーズだよ

あぁ、ようやく更新できた。 とはいっても、たったの1日だけ欠いただけなのですが、どうにも最近は毎日更新しないと落ち着かない。

現在のお仕事が土壇場で騒動を起こして、唐突に忙しくなりましてね。 それでも、絶対に遅延させてたまるものかと、それなりに頑張ったつもりでしたが ────

結局、危ないという理由でまたしても延長・・・ orz

延長期間は不明。 おまけに、リーダが過労で判断能力を損なったため、明日、あさってについて、部長より休出禁止命令。 なんだか頑張るほど報われないなぁ。 ついでに、最高責任者が退職しました。 完全に暗礁に乗り上げました。 全体の仕様を把握しているのは、リーダと私だけになってしまいました。 そのくせ、決定権がないという、中途半端な・・・

本来は4日の午前中に全作業が完了。 午後はセントラル(創業100年以上、文具・画材専門の老舗デパート)の誕生祭バーゲンセールへ繰り出すつもりでした。 毎年、案内は来るものの、直前に用を済ますなど、いつもタイミングが悪く、なかなか行けませんでした。

今年こそはと意気込んでいただけに、残念。 全品20%OFFですよ!! とはいっても、20%OFFの効果を活かせるほどの買い物があるわけではない。 う~ん、映画も観たいし、乗りかかった船なので、面倒だけど出かけようかな。 その前に散髪したいなぁ。 予定が総崩れでなにかと面倒だ。。。

2005年 9月 2日 [この記事のURL] [コメント]