真夏のイヴ

さよならはもういらない♪ なんの脈絡もありませんが『ふたご姫』は第39話。 第3クールの最終回という、最後の節目にも関わらず、放送当時のクリスマスへ連動した番外編なお話し。 申し訳程度に本編も絡みますがBパートの前半でさっさと解決。 よくわからないうちに、お祭り騒ぎへ突入(汗)

今回のファインとアルテッサは異様に仲良し。 二人ともクリスマスが待ち遠しいが、今はそれどころではないとがっかり。 そんなこんなでコーラルタウンへ到着。 どうやら、様子がおかしい海の国へ向かう模様。 砂浜でしばらく水平線を眺める一行は肝心な問題に気づく。 入国の手段がない(爆)

お助けキャメン、1号、2号、参上!! ナギ様との結婚資金で泣く泣く潜水艇を購入、贈呈。 クリスマスプレゼントだそうです。 てゆーか、キャメさん、独身なんだ(苦笑) 海の国へ向かうさなか、お蔵入りした「テレプーモーション」を思い出したプーモ。 プロミネンスの節約のため、乗ってけ気球だと思ってたのに、そのオチはあんまりだorz キャメさんの結婚資金とか全部が台なし(ノД`)

シェイド&ティオ。 キテレツ大百科みたいな潜水艇で威勢よく登場したのもつかの間、操縦桿が破損、制御不能、暴走、フレームアウト。 ティオはともかく、巻き添えを食らったシェイドが可哀想。 これまでも操縦桿の類いはとりあえず破損してる気がする(^^;

まあ、そんなこんなで、クリスマスパーティー。 挿入歌の『プリンセス・クリスマス・ナイト』はアルバム『ふしぎ星の☆クリスマス』に収録ですね。 了解。 早速手配しました(爆)

2006年 8月 31日 [この記事のURL] [コメント]


何もかもがシリーズ最凶

そういえば、書いておりませんでしたが、わざわざ予約までして購入した、シリーズ最凶の『FF3』をチクチクと進めております。 オリジナル版はゲームバランスに泣かされて、『FF1』から『FF6』の中で、唯一、攻略しておりません。 なお、私の記憶に『FF7』以降は存在しません(爆)

そんな『FF3』は何もかもがシリーズ最凶!!

という具合に、挙げるときりがないほど、とんでもない作品ではありますが、後のシリーズの原点は『FF3』だと私は思うです。 ボロクソに書きましたが、個人的に最も好きなのは『FF3』。 勝手に話は進まない、進めたところでダンジョンは無くならない、世界観、シナリオ、システム、音楽などなど、シリーズ最凶はシリーズ最強!! 特に前者2点は精神的に親切ですね(笑)

さて、リメイク版ですが、これ、凄すぎです。 フル3Dは言わずもがな。 音楽があり得ない。 しかしながら、シナリオやイベントなどは忠実。 いつかの記憶がどんどん蘇るのが心地よい。 主人公が今風に人格を持ったり、最初は1人だったり、オリジナル版との差異が心配でしたが、アレンジが良い塩梅です。 呪いを掛けられた「紐人間」とか超懐かしい。 「紐人間」もフル3Dです(^^)

今日びファルコム作品が主な私にとって、タッチペンによる移動などの操作性は抜群。 メニューの操作はイライラするかな。 必要なストロークが多すぎます。 絶対に追加してほしかったなぁ ────

セーブポイント

「エウレカ」とか「クリスタルタワー」とか、無理だから(ノД`)

2006年 8月 29日 [この記事のURL] [コメント]


大チャチャ様 eyes

[挿絵] 大チャチャ様 eyes

Dashboard マスコット」の具体案が全く見えないさなか、たかたにさんのご提案は『xeyes』みたいなやつ。

想像しただけでも怖いので、二つ返事で却下させていただきましたが(笑)、なんと、翌日には、たかたにさんご自身がウェブブラウザ用の『大チャチャ様 eyes』を試作されているではありませんか。 仕事が早すぎです(^^;

というわけで、またまた、勝手に諸々を拝借してDashboard用の『大チャチャ様 eyes』を試作してみました。 マウスポインタへ追従して目玉がクリクリする様子は、やっぱり、怖いですorz

ところで、Dashboard用の『大チャチャ様 eyes』には致命的な欠陥が存在します ────

大チャチャ様に外接する矩形より外側のマウスポインタへは追従しない

ダメじゃん。 てゆーか、仕事柄、端から技術的に困難なのは自明でしたが、期待を込めて、試作して、想定通りで、がっかり度120%(ノД`)

「Cocoa」を介せばできるかもしれませんが、今さら「Objective-C」を押し売りするApple社の思想が全く理解できない今日この頃。 簡易な言語なのは確かですが、どうせなら、MS社が押し売りする「C#」並みにぶっ飛んでくれたほうが幸せです・・・

マウスポインタへの追従は非実用的、っと・・・

2006年 8月 28日 [この記事のURL] [コメント(2件)]


プリンセスはあきらめた

夏も終わりなので6月以来の「ふたご狩り」へ出かけたのですが・・・

かすりもしねぇヽ(*`Д´)ノ

あうぅ。 つくづく『ふたご姫』はまだまだマイナーなのだと思うわけですよorz 収穫がゼロなうえ、あまりにも、ハルヒのコスが多いため、1時間足らずで帰ってきちゃいましたとさ。

これはアレですね。 自分で描けとか、そういう、運命の使者より享受した無茶な試練に違いない(爆)

2006年 8月 27日 [この記事のURL] [コメント]


退学決定!?

『Gyu!』は第22話。 シフォンたんが崇拝する哲学者、ウンチークの像へ悪者が憑依、間接的に洗脳されたシフォンたんから大量減点を食らうお話し。

さすがはシフォンたん。 自身の行動へ違和感を覚えたため、大事へは至りませんでしたが、根強い信仰は恐ろしい。 シフォンたんですら、まんまと口車に乗せられてしまうのですから。 シフォンたん、危うく悪者に殺されかけるなど、微妙に殺伐(汗)

一件落着、ふたご姫が「人騒がせな~」と言いながらウンチーク像をパンパンと叩いたところ、直前の戦闘で大打撃を食らったためか ────

トドメの全壊Σ( ̄□ ̄;)

「ウンチーク像の破壊」は50ポイントの減点。 通算-107ポイント・・・

退学決定!! ZU~(TДT)~NN

退学ラインの突破は今回で二度目。 ただし、今回は正真正銘の-107ポイント!! もちろん、これで終わられたのでは話になりません。 次回はプリンセスはあきらめないだそうです(笑)

友情に心を打たれたシフォンたん。 涙が止まらず「ふしぎふしぎ」という、いささか強引とも思える感動路線はよしとしても、目に余るツッコミどころ満載(苦笑)

悪者がノーチェ→ソロ→ウンチーク像と、次々と媒体を変えていくわけですが、百歩譲ってもキャスティングミス(爆) 今回の場合、シフォンたんへ憑依するのが手っ取り早いはずですが、毎度の低脳な作戦から察するに、おそらくFSBが合わないのでしょう(笑)

夏休みの宿題を忘れる。 「始業式に宿題を提出しない」と減点で「写させて~」とベタな展開へ。 当然ながら「宿題を写す」のも減点。 ところが、肝心のスコアリングが・・・

始業式に宿題を提出しない > 宿題を写す

あれ? ( ̄~ ̄;)

「宿題を写す」のがお得かも(ノД`)

「学園ほのぼのニュース」は回を重ねるたびに、文章が増加しているのか、尺が短縮しているのか。 「ポンコツ声優」として他の追随を許さない後藤邑子の再養成にしか見えないのは私だけでしょうか(汗)

ふたご姫の減点切符: -232点(-107点) / 第22話: -80点(+0点)

2006年 8月 27日 [この記事のURL] [コメント]


太陽系の改正に伴なう影響 (改訂版)

太陽系の惑星が3つ追加されるかもしれないから一転、冥王星の除外という結末。 すいきんちかもくどってんかい。 改正の主目的は、「かいめい」だったり、「めいかい」だったり、ジェネレーションギャップによる親子喧嘩の解消だそうです(嘘)

本件に伴ない、某美少女戦士も「セーラー2003UB313」は幻となり、それどころか、セーラープルートの除名という、あり得ない事態へ。 姉さん、これは事件です。

まあ、美少女戦士ファンの4割は水星と金星さえ残れば、あとは、どうでもいいんだろうけどwww

などと、コメントへ記したところ、かがみさんから土星も残して下さいと懇願されましたので、「6割は水星と金星と土星」へ改めましょう。 言わずもがな、私はIAUではありませんので、決定権は有しません(笑) 大丈夫です。 間違っても土星の除外はあり得ませんから。 ともえ~

ハンジョアンさんが幻の12惑星の和名を考えたので、私は逆に8惑星の新和名を意味も無く考えました。 除外するなら大胆に(爆)

仁星 義星 礼星 智星 忠星 信星 孝星 悌星

考えてないし、元ネタがあり得ないし(汗) “8”で連想したのがこれかよorz

2006年 8月 26日 [この記事のURL] [コメント]


Googleのここが嫌いだ

Googleで検索するとイヤな結果に遭遇します。

これらのキーワードは、このページにむけて張られているリンクに含まれています

「どこからでも開けられます」が、どこからも開かない時の“もどかしさ”を覚えます。 一体、どうしろとorz

検索結果に「不可逆参照」など必要ない・・・

この結果に対する適切な行動をご存知でしたら教えてください(汗)

2006年 8月 26日 [この記事のURL] [コメント]


テレビが巨大化した件について

あれ? 違う? 何かが今までと違う。 何かが( ̄~ ̄;)

居間のTelevisionが29型から40V型へ化けたΣ( ̄□ ̄;)

テレビを断つ前に「地デジ」を拝むことになるとは。 てゆーか、40V型、でかっ!!

てゆーか、アホか。

2006年 8月 25日 [この記事のURL] [コメント]


かざぐるまの国は神の国

『ふたご姫』は第38話。 なんと言いましょうか、とにかく、ハチャメチャなお話し。 かざぐるまの国は確実に笑わせてくれます。 ソフィーとアウラーは笑いの神様。 両名を抱えるかざぐるまの国は神の国(笑)

かざぐるまの国の「グレイス・ストーン」を探すわけですが、本編は5秒でイイモデード(爆) ソフィーとアウラーの超天然兄妹コント。 毎度お馴染み、気球暴走、墜落 ────

ドクロ雲!!?

大丈夫か、このアニメ!?

[挿絵] みんなでイヤイヤダンス

目的地へは案内できないと言われるやいなや、仕方がないと、逆方向へ向かうファイン。 きっと、いいアイデアを思いついたのだと、後を追う一行。 「いいアイデア」を訊いたところ、本当に仕方がないので、なにも考えていない(爆)

ファインたん、超テキトウ(ノД`)

でも、そういうところが好き(;´Д`)

思わずみんなでイヤイヤダンス(ノ>▽<)ノ(ノ>▽<)ノ

目的地へ案内すると言われ、アルテッサがレインへ「罠だ」とつぶやいた瞬間、レインのぶっ飛び妄想発動!! 独房へ突き落とされる図を妄想して ────

イヤァァァ!!!!! まだまだ恋したいし! 結婚だってしたいし! プリンやケーキを山ほど食べたかったのにぃいぃいぃ!! イヤイヤイヤイヤ!! 出して! 意地悪! ひ~ど~い!!!!!

はい、よく言えました、後藤さん(苦笑)

猫の手! 孫の手! 救いの手!

お助けキャメン! 1号! 2号! 参上!!

本当に大丈夫か、このアニメ!!?

先ほどの「ドクロ雲」はこれの伏線でしたか。 しかも、1号・2号・参上で韻を踏んでるし(汗) テーマソング担当のナギ様、気球暴走でフル回転中・・・ アレは死んだな・・・

なんだこいつらは!?

無理もない。 同感です。

それにしても、ふしぎ星の国王は揃いも揃ってバカばっかorz

2006年 8月 24日 [この記事のURL] [コメント]


続・ベイジアンフィルタ

SpamAssassinのベイジアンフィルタを有効にするためには200通以上の「HAM」の学習が必要と書きましたが、200通はどう考えても無理!! 待っていたのでは時間がかかりすぎます。

というわけで、作戦変更。 Thunderbirdのメールは「mbox形式」なので、適当に過去のメールから500通ほど見繕い、catして、ftpして、telnetして、sa-learnして・・・

って、あれ? なんでMacでUNIXやってんだろ( ̄~ ̄;) それはOSXの母艦がUNIXだからさ(笑) 利用できる手段は、遠慮なく利用しないと、もったいないですから、ね。

これで、しばらく、様子をうかがいますか。

2006年 8月 22日 [この記事のURL] [コメント]


Dashboard マスコット

[挿絵] Dashboard マスコット

先にたかたにさんへ謝ります。 利用規約上、問題は無いと判断したうえですが、絵を無断で拝借させていただきました。 ごめんなさいです(汗)

そういうわけでどんなわけで。 唐突ですが「デスクトップマスコット」というモノがありますよね。 面白いと思う反面、どのような容姿であれ「邪魔」というのが私の見解です。 「邪魔」という要素さえ無ければ面白いのになぁと・・・

そのようなことを頭の片隅へ据えながら『Dashboard』でカレンダーや天気予報を確認していたところ、ふと、気が付きました。 デスクトップだと邪魔ですが、Dashboardなら邪魔じゃない!! というわけで、開発資料を斜め読みして、たかたにさんの『大チャチャ様』を拝借して、即行ででっちあげました。

Dashboard マスコット ~大チャチャ様~

要するに『大チャチャ様』のWidgetです(笑) 今のところはDashboardのスペースを占有するだけで一切の動作はありません。 てゆーか、貼り付けてはみたものの、この後、大チャチャ様が何をすれば面白いのか、全く思い付きませんorz 時間の経過と共に発想力が乏しくなってるなぁ・・・

2006年 8月 21日 [この記事のURL] [コメント(13件)]


チャチャチャッカ

[挿絵] 赤ずきんチャチャ☆アンソロジー

『赤ずきんチャチャ☆アンソロジー』が無事、着荷しました!!

というわけで、取り急ぎ、着荷報告を兼ねた記念撮影(^^) これはヤバイです。 軽くパラパラしただけでも、想像以上の殺傷能力を確認(笑) 同梱の便箋も幸せ。 これから、じっくりと堪能させていただきます♪

胡麻さんをはじめ、皆さま、ありがとうございました。 そして、お疲れさまでした。 次回の企画も期待しております(爆)

2006年 8月 20日 [この記事のURL] [コメント]


リオーネたん・・・

『Gyu!』は第21話。 慢性的に憑依されたリオーネの性格が悪すぎて、ヒヤヒヤさせられたお話し。 違うの。 リオーネたんはとても優しい娘なの。 意地悪なリオーネたんなんか見たくない・・・

エドワルドのバカァ(ノД`)

せっかくの水着バカンスが台なしではないか!! (そっちかよ)

リオーネは自らの悪巧みをふたご姫の仕業に見せかけ、持前の優しさでふたご姫を責める。 俗に言う自作自演。 しまいには「帰れ」と突き放す。 親友に濡れ衣を着せられたふたご姫は涙目・・・

今回ばかりは奴さんの圧勝かと思いきや、妹に萌え萌えで役立たずのシェイドに代わり、ファンゴが核心に迫る!! 普段と違いすぎるリオーネに気付いたところで憑依から解放。 エドワルドの正体も発覚!? ようやく、思い出していただけましたか ────

トーマの遺言

ファンゴをふしぎ星へ連行した真相は“そういうこと”ですか。 今後の展開が楽しみですねぇ( ̄ー ̄)

使徒襲来!?

このアニメは今さら巨大ロボとか登場しても驚きませんが、触手から電撃ビームを放つ円谷系の巨大クラゲとふたご姫が繰り広げる熱き死闘には、思わず唖然(汗) そういうわけでどんなわけで、なんだか不完全燃焼気味で「ふしぎ星編」は終了。 次回は「宿題やってない!?」らしいです(笑)

ふたご姫の減点切符: -152点(-27点) / 第21話: -0点(+0点)

2006年 8月 20日 [この記事のURL] [コメント]


ぶっくま~く

たかたにさんのとこにおける「おとなり日記」を付けるか付けないか、かれこれ1年近く二の足を踏んでおりましたが(爆)、かがみさんのとこにも付いたので、便乗させていただきました(笑) 運営ノートのトップページの上部の「ぶっくま~く」がそれです。 当面はトップページのみの表示で、月単位、記事単位のページでは表示されません。 例のごとく、ご迷惑でしたらご連絡ください(汗)

「リンク」との違いは、差し詰め「ソーシャルブックマーク」と言ったところでしょうか。 出先でも見られるように私自身が利用するのが主目的です(笑) というわけで、リンクの基準はRSSリーダーへ登録している読み物ページ。 その中でも、特に面白いページ、日頃からお世話になっているページ。 付帯事項として、頻繁に更新されるページをピックアップしました。

なんとなく忍び忍びで運営している感じのページについては、ご迷惑をおかけする前に自粛させていただきました。 例えば「猫印きんぎょ / のいさん」の「えにっき」とか(汗) 『マジプリ争奪戦』などの秀逸作品を忍ばせておくのは、非常に惜しいと思うですよ、私は(^^;

ところで、一般的な「おとなり日記」の定義は狭小であり、また、「おとなり」という言葉が生み出すデメリットを回避するため、「おとなり日記」という文言は諦めました。 散々、苦慮した挙句、代替は「ぶっくま~く」です。 芸もなにもありませんorz

2006年 8月 19日 [この記事のURL] [コメント]


最もプリンセスらしくない

何となしに思いました。 ふたご姫は「ふしぎ星始まって以来、最もプリンセスらしくないプリンセス」の異名で有名ですが、それは、井の中の蛙。 ふしぎ星を飛び出して行き着いた先、ロイヤルワンダー学園には「プリンセスらしくない」どころか、プリンセスという地位すら疑わしいプリンセスもちらほら・・・

というわけで、『ふたご姫』始まって以来、最もプリンセスらしくないプリンセスは、一体、誰なのか!? さしあたり、名前が判明しているキャラクターを列挙してみましょうか。。。

お、多い( ̄~ ̄;) しかも、ほとんど、一発キャラ、または、背景キャラorz この数でランダムフィギュアが出た日には大変なことになりそうだ(汗) さ~て、やはり、個人的に全く理解できないのがシャシャとカーラのポジションです。 プリンセスがプリンセスの世話役というのが・・・

2006年 8月 19日 [この記事のURL] [コメント]


太陽系の改正に伴なう影響

先日より報道されている通り、太陽系の惑星が3つ追加されるかもしれないとのことですが、この件に関するかがみさんの見解が面白すぎて、危く「(新)しらたまちゃん」を握りながら笑い死ぬところでした(爆) 太陽系の改正に伴なう、新しい惑星配列の覚え方は、

すいきんちかもくどってんかいめいカニ

確かに「セ」が邪魔です。 まあ、それよりなにより ────

カニ

語尾に“カニ”を付ける怪人が「カ~ニカニカニ」と高笑いする図を空想したのは言うまでもないカニ(笑) まあ、それよりなにより、某美少女戦士を追加しなければならないという課題は、死活問題と言っても過言ではないでしょう!!

セーラー2003UB313

もはや、少女漫画を通り越して、ジョージ・ルーカスな世界です(汗)

2006年 8月 18日 [この記事のURL] [コメント(13件)]


ナギ様より大事なお話し

[挿絵] ナギ様より大事なお話し

『ふたご姫』は第37話。 ナギ様より大事なお話。 とりあえず、ナギ様、近いから、怖いから(ノД`) ついにナギ様が正体を告白。 ナギ様の装いは、まさしく、プリンセス・グレイスの伝説の使者の証し。 あからさまな装いにも関わらず、この期に及んで初めて真実を知ったプーモの言い訳は ────

今までナギーニョのキャラが濃すぎて目に入らなかったでプモ

うおっ!? 『グルグル』の常套手段「設定を無視した傍観者の代弁」を発動!? これは反則ですね(爆)

ナギ様の解説。 プリンセス・グレイスは、闇の力へ対抗すべく、最後の力をふたご姫へ授けた。 代償として、自身は力を使い果たし、面会謝絶。 闇の力の攻勢に合わせてタイミングを急いだため、最後の力は未完成。 最後の力を完成させるには、各国の7つの宝石「グレイス・ストーン」が必要。

というわけで、最低でも7週間を要して石集めですね。 いよいよ、ラストチャプターな雰囲気ですが、現状は第3クールすら終了しておらず。 先はまだまだ長いのです(汗)

本格的にヤバそうな敵襲。 従来とは異質。 明らかに「殺意」があります。 あんなのを退治しながら石集めですか? つらいなぁ。 なにはともあれ、アウェーにも関わらず、宝石の国の石を強奪(苦笑) 是が非でも集めればいいの? 「各国の王の信頼を得て~」という前提があったような・・・

ティオの活躍にシェイド師匠 ────

初めて役に立ったな、ティオ

厳しいなぁ(笑) 初めてって、いないよりは活躍していると思いますが・・・

2006年 8月 17日 [この記事のURL] [コメント]


ベイジアンフィルタ

メールサーバのスパムフィルタは『SpamAssassin』なのですが、ベイジアンフィルタが全く機能しません。 まあ、その他のルールと『Thunderbird』のフィルタで十分だから構わないかと、放置すること、3年目(爆) さすがに妙なので調査したところ、ベイジアンフィルタを有効にするためには、

200通以上の「HAM」の学習が必要

「SPAM」の学習はやっても「HAM」の学習はやってませんが何かorz しかも、200通。 普通のメールは週に十数通しか来ないため、学習には相当の時間が必要です(汗)

そもそもですよ、判定結果で自動学習してくれるものだと思いきや、「判定の閾値」と「自動学習の閾値」が全く別物であることを、今さら知りました。 ほぼすべてのメールの自動学習が「autolearn=no」という、惨たんたる状況(ノД`)

調整したところ、ようやく「autolearn」が「spam」や「ham」になりました。 一方、閾値を越えても自動学習しないなど、なぜか思いどおりに動作しません。 おそらく、いまだ、なにかしらの勘違いをしていると思われます。

前提を覆されたため、メールサーバの設定を組みなおし。 「autolearn=no」のメールはすべてサーバへため込み、のちほど「sa-learn」で手動学習させる運用へ切り替えましたとさ。 正直、今さらどうでもいいのですが、果たして、どうなることやら。 とりあえず、200通の道のりは長く険しい・・・

2006年 8月 15日 [この記事のURL] [コメント]


みんな仲良く夏休み

どこの会社も夏休みのようで、通勤列車はガラガラで楽チンでした。 いいなぁ。 ウチの会社に夏休みはありません。 というわけで、普段と変わらぬ出勤、おはようございま・・・

行動予定表 (8/14)

ちょっ!? 聞いてないから!! なんで5人しかいないの!? ウチの課にいたっては私だけって・・・

謀ったな!!?

しかしながら、これほど人がいないとストレスもなく、物事はスイスイと運びます。 もちろん、このような内職日和にはかどるのは仕事などではな(ry

2006年 8月 14日 [この記事のURL] [コメント]


東京大停電

首都圏があれほど脆いとは思いませんでした。 バックアップのひとつやふたつ、存在して然るべきだと思っておりましたが、まさか、電線1本で麻痺状態に陥るとは・・・

2006年 8月 14日 [この記事のURL] [コメント]


完結・文庫版チャチャ

文庫版『チャチャ』が全巻、出揃いましたが・・・

第9巻の裏表紙の「#8」は気にしたら負けですorz

2006年 8月 14日 [この記事のURL] [コメント]


付録の詰め合せ

遅くなりましたが「『りぼん』&『なかよし』 付録の詰め合せ」をお披露目。 多くは語りません。 画像をご覧いただくのが手っ取り早いです。 てゆーか、写真撮影をしているうちに、自分でも何をしているのか、分からなくなりました(爆) 特に大多数が己の未熟さゆえ「説明不能」というのが正直なところ(^^;

やれやれ。 普段は200万画素で撮影するのですが、「その他、大多数」の撮影で、初めて600万画素を使用しました。 やっぱり、違いますね。 しかしながら、常用はできません。 200万画素、不携帯を前提としているため、メモリは16MBを挿しているのみです。 メモリが足りません(汗)

2006年 8月 13日 [この記事のURL] [コメント]


恋のレイン伝説

今週は無事に録画されました『Gyu!』は第20話。 エリザベータによる「ふしぎ星氷漬スイッチ」の押下を回避すべく、避暑のためにかざぐるまの国を訪れましたが、悪者がソフィーへ憑依してくれたおかげで、企みとは全く関係のない方向で恋のから騒ぎなお話し。 避暑ですよねぇ・・・

しずくの国を避けたな(ノД`)

今回は色んな意味で面白い。 レインが完全にみっくるん♪ 中の人が役を間違えたとしか思えません(爆) 「可愛い」とは裏側に「可哀想」を持ち合わせてこそ「可愛い」のだと、武田鉄也は力説しました。 なるほど、今回、迂闊にもレインに萌えてしまった理由はそれですね(笑)

扇風機だけに首も回りませんわ

ソフィーたん、全く意味がわかりませんorz ファンゴがエリザベータへ渡したふしぎ星のガイドブックには、星を救った者としてふたご姫の写真が掲載。 水面下の出来事ではなく、一応、相応に評価されているようで。 ちなみに、目下、気球レースに戯れております宝石の国の殿方が、星を荒らした者です(苦笑)

憑依状態のソフィー ────

『ふたご姫』始まって以来、最も悪役らしい悪役の形相!!

「星を住めなくしてやる」とは大きく出たなぁ。 作戦は相変わらずへっぽこですが(汗)

ブライトとソフィーが結婚 → ブライトとアウラーが兄弟 → アウラーとアルテッサが兄妹!? Σ( ̄□ ̄;)

複雑怪奇な構図を妄想して勝手に苦悩するアウラー。 面白すぎ。 避暑の話が、どうすれば、ここまで逸れるのか。 今回の脚本さんは神としか思えません(>▽<) そんなこんなで、悪者は風車を温風機へ改造。 これでふしぎ星は灼熱地獄だ!! ────

んもうっ!! なんなのよこの暑さは。 おちおち落ち込んでられないじゃない。 行くわよファイン!!

レインたん、意味不明な理由で復活!! てゆーか、アレは落ち込みの様子だったのね。 ロードローラに轢かれたのかと思いました。 なんというか、落ち込みすぎ(爆) 結局、今回も憑依された本人は記憶がないようで。 兄妹、揃って「まあいいか」じゃなくて、そろそろ、トーマの遺言を思い出せ。

ところで、エリザベータ(とプーモ)は冷蔵庫へ閉じ込めて、一件落着!? 次回はエリザベータの髪型が大変なことに!? もしかして「ふしぎ星編」は萌え路線で全力疾走ですか!? (;´Д`)

ふたご姫の減点切符: -152点(-27点) / 第20話: -0点(+0点)

2006年 8月 12日 [この記事のURL] [コメント]


20秒ルール

先日、掲示板のスパムブロックを組み直し、強化しました。 詳細は企業秘密(笑)ですが、通常の操作でスパムブロックの対象となる例を列挙します。

2006年 8月 11日 [この記事のURL] [コメント]


悠久的太陽王女

『ふたご姫』は第36話。 久しぶりのプリンセスパーティーでまたまたブライト大暴れなお話し。

財政難のしずくの国へ「雲の従量課金」を提案するブライト。 断固拒否するヤームル女王。 そのような提案は受け入れられない。 ところが、弱みにつけ込まれたうえ、万事解決(?)する夢のような装置を目前に、ついに女王は洗脳されてしまい、パーティー会場は海賊版プロミネンスで暴風雨。

暴風雨をなんとしても止めるべく、女王、もとい、母親を説得するミルロ ────

こんなことで水を無駄遣いしてはいけないわ!!

いや、あの、戒めるべきはそこではなくて、ねぇ、わかる?

正規版プロミネンスは相変わらず通用せず、二進も三進も行かないため、“オラに元気を”的な展開でプロミン全開、勝負を懸けようとしたところ「エターナルソーラープリンセス」へレベルアップ! ちょいと展開に無理が(汗) そして再びバンク変更orz これで最後だよねっ、ねっ!? 初期の影も形もないや(ノД`)

2006年 8月 10日 [この記事のURL] [コメント]


快心のふしぎ星編

録画に失敗したため早春までお預けと思われましたが、なんとかなりましたので改めて、『Gyu!』は第19話♪ 待ってました「ふしぎ星編」スタート!! ヤバ~イ!! エ・・・ エルザ様・・・ エルザ様・・・

エルザ様(;´Д`)

伝聞のとおり、今回は文句なしの神回です。 映像が伴なわないと真の感動は味わえないというお言葉をいただきましたが、本当に仰るとおりです。 想像を遥かに超えた展開。 今回はマジで目が潤ってしまいました(ノД`) エルザ様の魅力を語ることはもはや不可能です!!

というわけで、今回の騒動でエリザベータ様へ傾きつつある今日この頃(^^; ふたご姫の人気の秘密を探るべく、ふしぎ星旅行を決めたエリザベータ。 こともあろうに、腹心のシャシャとカーラが御主人様を差し置いて帰宅してしまったため、エリザベータが直々に二人の代役としてふたご姫を任命!?

ふたご姫「無理無理む~り それは無理~ (ノ゜▽゜)ノ(ノ゜▽゜)ノ

アルテッサ「そりゃ無理よね・・・ 色んな意味で・・・

アルテッサ、GJ!! ファンゴもふたご姫の強制連行でふしぎ星へ。 キャメさんの忠告は余計かな。 とはいえ、忠告がないとトゥルースとの絡みが難しくなるわけで、いつかのごとく、キャメさんは悪役ですか(苦笑)

シャシャとカーラがいないと、意外とおとなしいエリザベータ。 部屋を豪華に仕立て上げたものの、ふたご姫の物言いで元へ戻した、意外と聞き分けがいいエリザベータ。 仕草や諸々が意外と可愛いエリザベータ。 アルテッサに次ぐツンデレ属性の登場か!? セレブ星の超技術「ショートカットアンカー」はエリザベータでも扱えるらしいぞ。 結局、お相手はプーモへ押し付け(笑) “やかん”でティータイムですか・・・

ファンゴがカッコイイ!! 『無印』のエクリプスとダブりました。 むしろ、それが狙いか!? 最後の“G”のコインはなんでしょう。 「グレーテル」の“G”ですよね。 横柄な態度だけど実は正義の家系とか(爆) ふたご姫と接するうちに、深層に秘めた正義の力でファンファンファンゴ(ry

全く本編に触れてないや(汗) とりあえず、エドワルドのお顔を拝見。 どうしてアレが第3クールでクッションになるんだ? それにしても、前回のアウラーの場合と同様、思ったとおり、潜伏型のが危険です・・・

ふたご姫の減点切符: -152点(-27点) / 第19話: -0点(+0点)

2006年 8月 9日 [この記事のURL] [コメント]


シンデレラなんかになりたくない

ネズミがパイロットになっても カボチャがロケットになっても

ある日を境に完全に頭脳へ定着してしまった『チンプイ』のED、名曲『シンデレラなんかになりたくない / 林原めぐみ』を衝動買い。 とはいえ、平成元年のシングルは当然ながら入手不可能。 仕方がないので、なぜかいまだに入手可能な平成2年のアルバム『藤子・F・不二雄 テレビアニメ作品集』を購入。

「仕方がない」と言いつつ、『エスパー魔美』なども収録されており、今さら入手するなら逸品かも(笑) はい、完全に「平成」の壁を乗り越えて「昭和」のネタへ突入してしまいました(爆)

話しを戻しましょう。 知っている人は、知っておりますが、前提知識として、私は『チンプイ』が大好きです。 それでですね。 先述のアルバムをAmazonにて注文中、画面の隅にサプライズな関連商品が!! 『のび太とアニマル惑星』で同時上映された、伝説の劇場版『チンプイ』 ────

『エリさま活動大写真』のDVD!!

知りませんか。 知りませんよね。 知らなくても結構です(爆) 前々から、出ないかなぁ、出るわけないなぁと、諦めておりましたが、既出とは驚いた!! とりあえず、探しなさいよ、自分orz 当時はVHSで、擦り切れるまで堪能したものです。 やがて、行方不明となり・・・

もちろん、即買いです。 いやぁ、もう、感激!!

2006年 8月 8日 [この記事のURL] [コメント(2件)]


第1回 マイミクオフ

『Gyu!』の録画に失敗した傷心を引きずりつつ、「第1回 mixi マイミクオフ 道央地区南ブロック大会」を開催いたしました。 早い話、従来のteamSKYでは芸がないので、今回はプラスαが狙い。 どういうわけか、皆さまからお土産を頂戴しました。

ちょっwwwww

第19話 キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!

持つべきものはオタ、いや、友とは、まさにこのことですね(ノД`) ありがとうございます。 ありがとうございます。 この御恩は必ずやなんらかの形で。 恒例のレポートは後日改めて。 ビデオを観る時間と記事を書く時間をください。

付録の詰め合せ。 よく見るとマニアを泣かせる逸品の数々(笑) 見る人が見れば相当に面白いネタなので、こちらも後日改めて。 写真撮影の時間と記事を書く時間をください。

2006年 8月 7日 [この記事のURL] [コメント]


痛恨のふしぎ星編

『Gyu!』は第19話。 待ってました「ふしぎ星編」スタート!! とても素敵なお話しだったようで・・・

録画に失敗しました ZU~(TДT)~NN

ナノッ ティコ ピコ ポケッ アバ イビ シャラ ララ カプ メリ プル フル ハタ マタ ワイ ガヤ (ノД`)

稀にハングアップするため、いつかは失敗すると思いましたが・・・

とうとう、よりにもよって、神回で失敗しないでくれorz

システムのログを見ても記録がない。 タスクのログを見ても記録がない。 起動すらしてない!? 否、PC自体は定刻通りの自動起動を確認。 自動起動を担うのは録画予約のタスクで・・・ 意味不明。 前日の『ケロロ軍曹』は問題なし。 強いて言えば、近頃、働かないくせ賃上げを要求するNAVが(ry 単にスタンバイの操作を誤ったような気がします。

よそ様の記事より、大体の内容は把握しましたが、映像を拝むのは来年の1月末のDVD発売以降になりそうです。 これも宇宙が授けた光の答え? てゆーか、誰か録画してない? ・・・よね。

2006年 8月 6日 [この記事のURL] [コメント]


Intel Mac で WMV

Intel Mac は非対応」ということで諦めていたMacBookによるWMV形式の再生ですが、なんとなくMSのサイトをのぞいてみたところ、

ユニバーサルバイナリ キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!

これにて、ようやく、WMV形式の動画を心置きなく再生することが・・・

無償版の『QuickTime』はフルスクリーンができないのでしたorz

肝心な問題を忘れておりました。 てゆーか、この制限だけは勘弁してください。 いくらなんでも、ケチくさいにも程があります。 おまけに、製品版はベラボウに高価だったような。 『WMP』へ遠く及ばないのは当然です。 百歩譲ってMacへのプレインストールは製品版が然るべきかと・・・

もっとも、私がここで引き下がるわけがありません。 無償版でフルスクリーン再生する方法は拍子抜けするほど簡単です。 大方が真先に思いつく方法でしょう。 「ムービー」フォルダへ動画を放り込んで『Front Row』で再生。 これだけでOK(爆)

というわけで、改めて『秒速5センチメートル』を鑑賞。 先入観もあるかもですが、ハイデフでただでさえ綺麗なのに、Macで観るとなおさら、超綺麗。 色空間はMacBookのが狭いはずですが、ガンマ値の違いは存外に強みかも。 おかげで、Macの画像をWinへ移動すると面倒な手間がかかりますが(苦笑)

2006年 8月 5日 [この記事のURL] [コメント]


ひとりピクトチャット

『らき☆すた (3)』の「Wi-Fiコネクション非対応と知らず、ひとりで『ピクトチャット』するかがみん」のお話しを読んで、アレはひとりでも使えるモノだと初めて知りました(爆) それでは、早速。 うん、これはこれで面白いぞ。 素直に紙へ描けというツッコミは置いといて(笑)

「仕方がないので『どうぶつの森』を買ったは良いけど、実は無線LANもXPも無いかがみん」のお話しを読んで我は萌死。 可哀想を通り越して、可愛すぎるぞ、かがみん(;´Д`)

2006年 8月 4日 [この記事のURL] [コメント]


(終)ダンダンダイジン♪

『ふたご姫』は第35話。 ブライトを元へ戻す方法を考えるべくプリンセスサミットを開催するお話し。 一方、ブラックルーチェが完成、さらなる力を獲得すべく、ブライトはおひさまの国で大暴れ。 プロミネンスの制御系が異常を起こし、太陽がついたり消えたり。 普通に考えるとふしぎ星は大混乱ですが、その辺の描写は皆無です。 それもそのはず。 今回も本編など、どうでもいいのです・・・

[挿絵] ドレスアップ!!

「ブラックルーチェ」がついに完成。 なんでもかんでも「ブラック」とか「ダーク」とか「アン」とか付ければ悪者仕様(笑) そして、なんの躊躇もなく例のアレを・・・

ダンダンダイジン♪

プロ~ミネンス ドレスアップ!!

今度こそ、やっちまったよ、このオッサンorz 頑張るオッサンには申し訳ありませんが、この手順をどうにかしようとは思わないのだろうか。 おまけに、本家よりも気合い十分・・・

おぉ!! やったぞ、成功だぁ!!

えっ? なにそれ??? 成功なの!? やっぱり、女装趣味のためにプロミネンスを(ry

[挿絵] なぜだぁ!!?

トゥイン トゥインクル ブルーミッシュ!!

だからさぁ、その必要以上の気合いはなんなんだorz 挙句の果て、大臣はプロミネンスを利用できない!?

なぜだぁ!!?

どうやら「選ばれた者」だけがプロミネンスを利用できる模様。 それ以前に、大臣が利用できないのは、見てくれが気持ち悪いからだと思います(爆) ひとりで「トゥイン」も問題ありかと。

仕方がないので、「選ばれた者」こと、ブライトへルーチェを預けた瞬間、全身全霊の努力もむなしく、大臣は身体を闇へ奪われ殉職(TДT) 全身全霊の努力もむなしく、ブライトの場合は変身不要(爆)

大臣、犬死に。

「力に溺れ力に滅する」の鉄則に準じて、最初の犠牲者が・・・

ゆるゆる~っと見て見て~

ちょっ、あの、犠牲者が・・・

2006年 8月 3日 [この記事のURL] [コメント]


クリッピングノイズ

iPod deca、もとい、オーディオとしてのMacBookは快適そのものです。 ところが、稀にクリッピングノイズが混入します。 ヘッドフォンがショボいのだと決めつけておりましたが、一応、原因を特定しなくては。 考えられる原因は流れ順で以下のとおりです。

  1. ソースがダメ
  2. ソフトウェアイコライザがダメ
  3. ハードウェアがダメ
  4. ヘッドフォンがダメ

MacBookをAVアンプへ接続、ソフトウェアイコライザは無効。 最高の環境で再生したところ、メイン機と同音質でノイズはなし。 つまり、ソース、および、ハードウェアは問題なし。

最高のヘッドフォンをMacBookへ接続、ソフトウェアイコライザは有効。 ソフトウェアイコライザはAVアンプを模した設定。 メイン機と同音質だが、この時点でノイズが混入orz

というわけで、ヘッドフォンが云々ではなく、単にソフトウェアイコライザが強いだけでした(汗) とはいえ、フラットな音質は面白くありません。 仕方がないので、なんとか音質は崩さず、ノイズを除去した設定を作りなおしました。 AVアンプを挟む設計のが無難ですかねぇ。。。

2006年 8月 1日 [この記事のURL] [コメント]