最新の記事 [RSS]
消費者庁に怒られない確率プログラミング 彩花先生みん先生 アラハビカ編 スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 盛りすぎココアさん ClockRoom '18 - そして元の位置に戻す 反省会 2017 冬休みスタート 歳末ガンガン祭り スロウ2018Q1上手

つけペンへ鞍替え

カートリッジ式のGペンはインクが絶えないため非常に便利である一方、絶えず使い続けていないと、ちょっとしたブランクで壊れてしまうという欠点が露呈。 しかもカビまで生える。 というわけで、多少面倒でも、つけペンへ鞍替え。

カートリッジ式は「キャップを閉める」、「水に浸ける」以外に手入れの余地がありません。 対するつけペンは、消耗、インク切れの欠点がある一方、簡単に手入れができるなどの利点がある。 私のように、休み休みで手を動かすスタイルにはちょうど良いかもです。

それにしても、Gペンの味を占めたら、耐水性ペンには戻れませぬ(笑)

2005年 8月 13日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。