最新の記事 [RSS]
Mac Studio始動! 見せてもらおうか、Apple Siliconの以下略 プライムデーの本丸 ネットワーク再構築大作戦 2022Q3は寄せてくる アリスがしゃべった記念日 厳密にはモブ扱いでかなり小さく1コマだけ 無計画なスマートホームの惨状 つい最近戦力外になった秘密結社の自称妹 スウィートな日々よ、永遠に!

[PR] シュールな異世界【うらら島】(あつまれ どうぶつの森 観光案内メーカー)


デザインで大苦戦

[挿絵] 新作パズルゲーム (開発中)

現在制作中のパズルゲームにおいて、映像面でかなりの苦戦を強いられている。 しかも、ドット絵が辛いとかそういうレベルの問題ではない。 絵を描く以前に、どんな絵が必要なのか、また、その絵をどのように配置するのかという「デザイン」を全く考えていなかったのである。 デザインがなければ当然絵は描けない。 それどころか、絵を配置するのは結局プログラムであるため、プログラムにさえ手を付けられない状況なのだ。 ルールを決めて意気揚揚とスタートを切ったが、私としたことが先を急ぎすぎたようである。

というわけで、現在はデザインの強化を中心に制作を進めているのだが、これがなかなか思うようにはいかない。 私は特別その方面のセンスがあるわけではないので、納得のいく映像に仕上げるために四苦八苦している。 しかも、デザインとはなにも絵に限った話ばかりではない。 プレイヤーに対する反応やアニメーションなど、いわゆる「演出」と呼ばれる部分もこれに含まれる。 特にゲームにおいては、こちらが寂しいと全体的に寂しい仕上がりとなってしまう。 逆にやりすぎるとうるさがられるのがオチである。 これらの絶妙なバランスを上手く考慮しつつ、それに合わせて絵を描く。 本番はまさにこれからである。

2001年 7月 10日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。