円盤も電子化してくれたら青天井なのに

[画像] ティアムーン帝国物語 (3)

いつのまにか第3巻。 良い作品は何度見ても面白い(^^) でも適量ってあるよね。 どんなに良い作品でもフリーレンを周回したいとは思わないから不思議だ。 コストや収納の問題もあるけど(汗)

2024年 2月 25日 [この記事のURL] [コメント]


みゃー姉じゃなくても連写したくなる

[画像] POP UP PARADE 姫坂乃愛 (1) [画像] POP UP PARADE 姫坂乃愛 (2) [画像] POP UP PARADE 姫坂乃愛 (3) [画像] POP UP PARADE 姫坂乃愛 (4) [画像] POP UP PARADE 姫坂乃愛 (5) [画像] POP UP PARADE 姫坂乃愛 (6) [画像] POP UP PARADE 姫坂乃愛 (7)

はいはいかわいいかわいい(;´Д`)

というわけで『わたてん』より、みんな大好きノアちゃんのPOP UP PARADEシリーズ。 ほんと出来が良いよなぁ。 グッスマの工程動画を見て知ったけど、もう粘土とか全然使ってないのね。 近年のハイクオリティー化の立役者、3Dモデリングと3Dプリンタの功績が絶大すぎるわ。 ところで、やっと撮影と現像がわかってきた(^^;

2024年 2月 23日 [この記事のURL] [コメント]


16年の時を超えて青空へ・・・16年!!?

[画像] ねんどろいど 水無灯里 [画像] しぐれうい 1/7スケール

ねんどろいど水無灯里としぐれうい1/7スケール。 しぐれういは例によって全然知らないやつのジャケ買い(^^;

そんなことより摩訶不思議なのはねんどろもみ子ですよ。 念のため丁寧に説明するけど、これは旧製品を見つけて買ったとかではない。 半年前に予約して先週発売された新製品。 再販とかではなく紛れもない新製品。 おまけにライセンスがアニメの製作委員会ではなく原作者・出版社名義で意匠がシングル時代 ────

知ってのとおり、2008年に完結した作品なんだけど???((;゜Д゜)???

ちなみに、大本命の我らがアリスちゃんは6月発売予定。 藍華は今のところ情報なし・・・ タイミング的にそろそろ予約開始だと思うんだけど(苦笑) もし万が一に勢い余ってアイちゃんが出たらグッスマを崇めるわ。 まあ、先日ねんどろユニが発表された時点でだいぶ崇めてるけど( ´∀`)

[画像] スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました (14)

第2期はいいんだけど防振り並みに時間かかるのかなぁ(´・ω・`)

そういえば超余談だけどBlueskyはじまってます

2024年 2月 12日 [この記事のURL] [コメント]


劇場版 サンザイ・オブ・ザ・サンザインズ 〜ATHの逆襲とWHの残光〜

早いもので3年ちょっと前に購入したWH-1000MX4なんだけど、有線接続すると音質がすこぶるひどい(T^T) ひどいと言いきるのは語弊があるかもだけど、低音域が強すぎてほかの音域がそれに埋もれて全体的に音がこもる。 少なくとも私の好みではないと言いきる。

そもそものきっかけは半年前のアンプ入れ替え。 入れ替え前はEQでお茶を濁してたけど、今のアンプにEQなんて甘っちょろい機能は付いてない(`・ω・´)ゞ そんなこんなで、しばらく我慢してたんだけど・・・

[画像] オーディオテクニカ ATH-A2000Z

ヒャッハー!!!ヽ(;▽;)ノ

半年で我慢できなくなったZE(爆) というわけで、素直な音質に定評のあるオーディオテクニカの『ATH-A2000Z』を新調♪ こんな高級ヘッドホンが必要なのかと問われれば全然必要ないんだけど、中途半端なモノを購入して後悔するくらいなら、ヒャッハー!!!ヽ(;▽;)ノ

肝心の音質? そんなの良いに決まってるじゃん(^^; 強いて言うなら24bit/96kHzの音源だと急にスッキリする。 あと音源にない残響がほぼなくて音がぴたりと止まる。

ところで、WH-1000MX4はBluetooth接続ならアプリで音質調整できるし相変わらずノイキャンが頭おかしいので、これはこれで手放せない逸品。 これからもワイヤレスヘッドホンとして現役バリバリ、てゆーか、使用頻度はWH-1000MX4のが格段に多いのは確実。 だからこそ、なぜこんな高級品を購入したのか( ̄〜 ̄;)

2024年 2月 10日 [この記事のURL] [コメント]


HTMLとDKIMとDMARCと

このサイトのHTMLを見ててふと気がついた。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

XHTMLなどというものが現れたと思ったらHTML5が登場し、ついにはすべてが滅びてHTML Living Standardに落ち着いた今日この頃 ────

HTML 4.01って!!?Σ( ̄□ ̄;)

しかも、Transitional(爆) Strictですらない・・・

というわけで、直してしまおう。 これがXHTMLへの移行だったら二の足を踏むところだけど、HTML LSへの移行なら簡単だ。 宣言文を変更して不要なmetaタグを消すだけでよい。

CSSが崩れた(ノД`)

さすがに時代遅れすぎだったか。 まあ、簡単な修正で元通りになったけど。 それにしても随分と手の込んだことやってるなぁ、今時のCSSを使えば簡単にできることを・・・

おおよそ同じ頃「DKIMとDMARCを設定しないとGmail宛のメールが届かなくなるよ」みたいな案内が来たので設定 ────

[画像] DKIMとDMARCを設定

コンソールでボタンをポチポチしてこれでヨシ! 動作確認の前に念の為Thunderbirdの設定を確認して・・・

SMTPサーバーがISPのやつ\(^o^)/

なんでヨシ!って言った!? ブラックリスト対策の名残かな? つまりは前から設定してたSPFすら効いてないじゃん。 SPFに限って言えばISPの設定が使われるから仕様上はセーフだけど、このままだとDKIMは完全にアウトだ。 当たり前だけど署名してくれない(苦笑)

そんなこんなで設定を正してGmail宛に送信っと。 SPF、DKIM、DMARC、すべて「PASS」なのを確認。 メールなんて年に一度送るか送らないかの代物だから設定が変なのに全然気づかなかったよ・・・

2024年 2月 4日 [この記事のURL] [コメント]


2024
02 01
2023
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2022
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2021
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2020
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2019
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2018
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2017
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2016
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2015
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2014
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2013
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2012
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2011
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2009
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2008
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2007
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2006
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2005
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2004
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2003
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2002
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01
2001
12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01