最新の記事 [RSS]
きらファン☆5ココアさん 不思議なニンジン畑 20th Anniversary 令和最新型エンターテインメント ARIA The CREPUSCOLO 円盤マラソンというより短距離走 Alexaのグループにグループを追加する 2021Q3から年内は特にアテがない 知らないうちに今年も残り半分 今年のプライムデー早くない?と思ったらやっぱり早かった 知らないうちに新刊が出てました

[PR] シュールな異世界【うらら島】(あつまれ どうぶつの森 観光案内メーカー)


60秒チャレンジ

なんとかサイトの移転は完了して、特に問題なく1週間が過ぎました。 まあ、稀にサーバ負荷を表す503エラーが発生するようですが、そのときはブラウザの更新ボタンを押してください。 それにしても、はじめての経験だったためつながるまでは不安の連続。 DNSリレーだのなんだの、理解するのが大変でした。 インターネットって合理的な構造をしていますね。

ついに出ました『A列車で行こう THE 21ST CENTURY』(アートディンク / 以下、A21)。 デューク・エリントンではないですよ。 鉄道経営シミュレーションゲームです。 しかも、今作はA5以来、数年ぶりのPCシリーズ。 ちなみに、A5はDirectXなどなかった頃に発売された、特定のグラボ向けのWin95用ソフトウェア。 グラボが限定されているため、事実上、A4が最後のPCシリーズであり、それ以来、かなりの期間が空いてしまっている。 PS2へ移行して以来、内容は激変してしまいました。 ぶっちゃけ、今回も全然期待していません。 A5までは鉄道経営を飛び越えて都市建設までできてしまい、シミュレーション“ゲーム”としてはいまだに楽しめます。 最近のはただのシミュレーション。 まあ、期待せずに早く開封したいですね。

久しぶりにマックへ行きました。 注文すると、なぜかトレーに砂時計を。 プレゼント? もらえるの? そうではない。 「60秒チャレンジ」という企画だそうで、素早く商品を揃える試みらしい。 だからといって、それを客に見せびらかすのはいかがなのものかと。 特別なパフォーマンスは間違いなく「今だけ」という印象を与える。 企画が終われば従来の手際にもとどおり? この手の企画は口先だけ決めていればそれで十分。 しかも、あの砂時計、本当に60秒?

GIFの特許、米国では来週で期限切れですね。 延長はしないらしいですが、似たようなことで既に騙されているわけですから、今さら使う気はない。

2003年 6月 21日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。