最新の記事 [RSS]
きらファン☆5ココアさん 不思議なニンジン畑 20th Anniversary 令和最新型エンターテインメント ARIA The CREPUSCOLO 円盤マラソンというより短距離走 Alexaのグループにグループを追加する 2021Q3から年内は特にアテがない 知らないうちに今年も残り半分 今年のプライムデー早くない?と思ったらやっぱり早かった 知らないうちに新刊が出てました

[PR] シュールな異世界【うらら島】(あつまれ どうぶつの森 観光案内メーカー)


消費税率引き上げの秘策

会社で小耳に挟んだ話。 まさに寝耳に水ですが、来年の4月から消費税の内税表示が義務付けられます。(財務省の解説[3]) ということは、今までは合計金額に税率を掛けて計算していたわけですが、今度からは商品毎に計算しなければならないことになります。 簡単に言ってくれますが、このよくわからない改正のおかげで、私のような商品販売システムに携わっている技術者は、かつて世を騒がせたあの「2000年問題」クラスの対応を迫られる羽目に。

それはさておき、金額がひと目でわかるから便利などとのん気なことは言ってられない。 これは政府がいつのまにか仕掛けた巧妙なトラップ。 内税表示にして消費税の存在を忘れさせるのが狙い。 例えば、自販機でジュースを買うのに消費税のことなど考えますか? これは柔軟に税率を引き上げるための準備策に間違いありません。 人々が消費税の存在をすっかり忘れてしまった頃にこっそり税率を引き上げる。 目先のメリットを強調して真の目的に靄(もや)をかける、近頃の政府のやり口です。 一体どこまで悪知恵が働く連中なんだ・・・

2003年 6月 28日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。