最新の記事 [RSS]
アリスがしゃべった記念日 厳密にはモブ扱いでかなり小さく1コマだけ 無計画なスマートホームの惨状 つい最近戦力外になった秘密結社の自称妹 スウィートな日々よ、永遠に! 犯人はお前か??? HDMIケーブルを交換したら解像度が下がった話 echoシリーズ最終形態 すごいぞ! Fire HD 8 2022Q2不動産2丁目

[PR] シュールな異世界【うらら島】(あつまれ どうぶつの森 観光案内メーカー)


サービスを停止しまくる弊害

先ほど、プリンタドライバをインストールしようとしたら、OSに拒否されました。 そういえば、前々から気になってはいたのですが、間違いなくインストールしたはずのPostScriptドライバが、いつのまにか消えているぞ。 何事だ???

結論から言うと、Print Spoolerサービスを停止していたのが原因でした。 停止した。 確かに停止した。 セキュリティとリソースが云々とかぬかして、補助サービスは停止しまくった。 印刷など行なわないだろうと、高を括って停止したのでしょう。

Print Spoolerサービスを起動すると、PostScriptドライバが復活、プリンタドライバも無事、インストールできるようになりました。 印刷原稿やPDFの作成には『Ghostscript』を使用するので、PostScriptの出力ができないと話しになりません。 なにはともあれ、めでたし、めでたし。

2004年 11月 3日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。