最新の記事 [RSS]
アリスがしゃべった記念日 厳密にはモブ扱いでかなり小さく1コマだけ 無計画なスマートホームの惨状 つい最近戦力外になった秘密結社の自称妹 スウィートな日々よ、永遠に! 犯人はお前か??? HDMIケーブルを交換したら解像度が下がった話 echoシリーズ最終形態 すごいぞ! Fire HD 8 2022Q2不動産2丁目

[PR] シュールな異世界【うらら島】(あつまれ どうぶつの森 観光案内メーカー)


Inspire the Next

『恋のマイアヒ』のPVで「モナー」っぽいキャラクターが利用されたことで、相当な批難を沸かせた騒動がありましたよね。 あの時、容疑者エイベックスは「インスパイア作品だから権利侵害ではないし、他への抑圧もしない」と、言葉巧みに回避しました。

今朝方、ふと思ったのですが、著作権に対して強行的な態度を取ったエイベックスが選択できる態度だろうか。 自身の都合に合わせて態度が豹変するのは感心しませんなぁ。

「子は親の背を見て育つ」と言います。 著作権に厳しいエイベックスが「インスパイア」という言葉で権利侵害を回避したことは非常にマズイ。 「この作品は○○さんの作品をインスパイアしたオリジナル作品、権利侵害ではない」といえば回避できることを、うっかり証明してしまったわけです。

「インスパイア」なんて言葉も、法的解釈では、結局のところ「二次著作」ですよ。 インスパイア(という名の二次著作)ならありなんですね、エイベックスさん!! 今後の活動の幅が広がりそうです(笑)

2005年 9月 23日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。