最新の記事 [RSS]
アリスがしゃべった記念日 厳密にはモブ扱いでかなり小さく1コマだけ 無計画なスマートホームの惨状 つい最近戦力外になった秘密結社の自称妹 スウィートな日々よ、永遠に! 犯人はお前か??? HDMIケーブルを交換したら解像度が下がった話 echoシリーズ最終形態 すごいぞ! Fire HD 8 2022Q2不動産2丁目

[PR] シュールな異世界【うらら島】(あつまれ どうぶつの森 観光案内メーカー)


国勢調査の信憑性

5年に一度の国勢調査。 9月24日から30日までの勤務時間は? 8時間×5日で40時間。 う~ん、教科書通りの完璧な勤務時間。 と思ったのは昨日まで。

月初めなので今朝は9月分のタイムカードの集計作業から始まったのですが、タイムカードを見て思わず唖然。 もし、国勢調査の集計対象が半月前だと「55時間」と答えなければならない。 仮にも理工学士を持っている人間の目から見て、これは明らかにずれすぎだと思うのです。

5年に一度の国勢調査の標本がたったの1週間で良いのか? これで「国勢」を決めてしまって大丈夫なのか? 全国の約3,000人を対象に詳細な標本調査を行なう方が、統計学術的に十分信頼できる結果が得られるのではないかと思ってしまった、今日この頃。

てゆーか、途方もない数の非常勤国家公務員を雇うだけで無駄なんです。。。

2005年 10月 3日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。