最新の記事 [RSS]
犯人はお前か??? HDMIケーブルを交換したら解像度が下がった話 echoシリーズ最終形態 すごいぞ! Fire HD 8 2022Q2不動産2丁目 やばいですね☆ ありがとうFire7 単行本が出ました! グルグル30周年 ポップでキッチュでシッチュなインターフェース Ver.3

[PR] シュールな異世界【うらら島】(あつまれ どうぶつの森 観光案内メーカー)


来年の資料、色々

実は随分前に着荷 or 購入していたのですが、手を付けられずにいたので今さら報告。

『スクラン』は単なる購読漫画。 『アニメーションノート』の半分は興味本位ですが、隙あらば手を出したい分野。 とりあえず購入してみましたが、結構、内容が濃いのでほとんど手付かずです。 『コゲどんぼ画集』は心身の保養(笑) 軽く目を通しましたが、やっぱり、萌えます。 資料性はそれほど高くはないかな。 コゲどんぼの場合、資料性は漫画の方が良いです。

さ~て、問題は『キャラクターディテールブック』ですよ。 最初の感想は「でかっ!!」。 単行本サイズだと思っていただけに。 そして、肝心の中身ですが・・・

濃すぎ。

ゆるゆる~っと第4話な私にとってはネタバレ要素も甚だしいわけですが、これは良い買い物でした。 「ファン必見」とはまさに、こういうモノで謳うべきです。 内容が濃すぎるのと、ネタバレ要素が強いため、恐る恐る、深くまでは手付かずです。

資料性は抜群。 同人誌やコスプレの資料に良いというので購入しましたが、想像を絶しております。 ところで「資料性」とは何だ。 フィギュアは大量にありますが、紙面の資料は皆無。 何をしたいのかと言いますと、単刀直入、近々「ふたご姫☆強化週間」を展開するつもりです(笑)

2005年 12月 25日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。