最新の記事 [RSS]
とー 実録・デジタル積読の恐怖!? どうしてはなはさすまたを!? 駄天使ぼっくす 立体もんも まったり世界樹編 わっほーわっはー 立体まぞく くまクマ熊ベアー うらうらりゃりゃりゃりゃとてちてとんしゃん

ありくろ☆あ・ら・も~ど

「ありくろ」と呼んでいる企画は現在、3本が並走しております。

突然ですが、『ありくろ☆こみっく(仮)』を『ありくろ☆あ・ら・も~ど』へ改めます。 この辺で整理です。 「ありくろ」とは上記の全企画の総称、および、通称です。 個々の企画を特定する場合は『原案』、『LE』、『あらも』などと呼びます。

自分でも分からなくなってきたので、さらに整理します。 基幹は『原案』です。 1997年、アクション・パズルゲームの企画として立ち上げ、「ClockRoom」の名称の由来でもあります。

2003年、『原案』より諸設定を省いてキャラクターを独立させた支流が『あらも』です。 2005年、4コマ漫画の企画が始動したことで色濃くなり、「ありくろ」といえば、先の定義を差し置いて、事実上、『あらも』を指すのは自然の成り行きと言えます。

2006年、自由が仇となり逆に不自由な『あらも』の欠点を補うべく、新規に諸設定を付与、方向性を一本化した支流が『LE』です。 鋭意企画中。 既に2枚ほど、人知れず設定資料を公開しているのは秘密。 相当、お絵描きをサボっておりましたので、逝っちゃってるのは気にしない方向で(汗)

『あらも』は『原案』と『LE』を適切にマージして拡充します。 そのため、『あらも』は最も基本的で、事実上の基幹と言えます。 逆に、本来の基幹である『原案』は、最も独立性、独自性が高い。

う~ん、ますます、分からなくなりました。 要するに、『原案』はゲーム的で、『あらも』は漫画的で、『LE』はアニメ的なのです。 さらに分かりませんねぇ(苦笑)

2006年 3月 7日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。