最新の記事 [RSS]
続報を待て!!!(ギャガーン) ベルまま完結! 増えるAmazon端末 2020Q3日誌 北京ダック参戦 懲りない凝り性 ちなみにきんモザはまだ読んでる途中 Happy Graduation! あば森 2020Q2は★★★☆☆めぐり?

A7には環境の概念が存在した

一度はじめるとなかなかやめられない『A列車で行こう7』で今さらすぎる新発見。 『A列車で行こう』シリーズには『SimCity』のような「環境」の概念は存在しない、住宅のお隣さんが工場でも問題ないと思い込んでおりましたが、実はそうでもなさそうです。

ある区画が全く発展しないどころか、建てる物件すべてが大赤字。 立地的には申し分ないはずなのに・・・ 原因不明のお手上げ状態。 試しに操車場を撤去した途端に建設ラッシュ!? もしやと思い適当な物件に操車場を隣接させると利益率が下がる下がる(汗)

操車場が周囲を衰退させるなんてはじめて知りましたよ(ノД`) 貨物どうしよう・・・

2009年 7月 28日 [この記事のURL] [コメント(2件)]


コメント


シムシティの時は公害発生要因の空港・工場系を外部に集中させて凌いだな。住宅・商業地区に影響がなければ公害問題が騒がれても人口には影響しなかったし。

るり | 2009/07/28 22:25


そうそう、外側から黄、グリーンベルト、青、赤と誘致するんだよなぁ。 でも、今考えると全方位工場に囲まれた街なんてイヤすぎるw

Y.Kumagai | 2009/07/29 00:35


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。