最新の記事 [RSS]
さりげなく浮遊している特大モニター 2019Q3 時は来た 新興住宅地の分譲ラビットハウス PageSpeed Insights でテッペンを目指してみた ラビットハウスのガンナー ヤマノススメをAIにススメられた結果 日常に密かな潤いを ありがとうQUICPay! さらばQUICPay! ふたり約束の小惑星を夢みて。 ワイヤレスの弊害

ケーブルを1本減らす

[画像] Anker Soundsync

ウチのアンプはBDを再生するには少々古いので近頃のアンプを調べてみたらBluetooth対応が当たり前なんですね、全然知りませんでした。 なるほど確かに、アンプにレシーバーが付いてたら便利かもしれない。 というわけで、Bluetoothオーディオには良い思い出が全然ないけど、懲りずにレシーバー兼トランスミッターを購入してみた。

この手のガジェットは一度しくじると心が折れるので、まずはトラブルが少なそうなiPhoneをつないでみる ──── つながった。 ペアリングはあっさり成功し、オーディオコーデックはAACの模様。 しかしながら、音が出ない(;´Д`) どうせまたS/PDIFがダメなんでしょ? 知ってた知ってたとアナログケーブルに替えるも音が出ない。 心が折れかけながら悶着すること十数分 ────

iPhoneの音量を最大にしたら音が出た(爆)

初歩のやつ!!! S/PDIFとか関係ないやつ! いやだってさ、いつだか購入したBluetoothスピーカーは音量を最小にしても「音でかっ!」って感じなのでうっかり。 そんなこんなで、すっかりデスクトップと化したノートPCもつないでみる。 難なくマルチペアリングして音も出るので、こちらを先に試せばよかったね(^^;

Bluetoothオーディオといえば遅延。 ご多分に漏れずわずかに遅延するけど、利用シーンがシビアでなければ問題ないかな。 そもそも、そんなシーンでは有線使えって話。 『A列車で行こう9』で暇を潰す程度なら全然気にならない。 製品自体は「aptX LL」にも対応してるので本気出せばいい感じになるかも。 本気出すには追加の投資が必要だけど。 OSのほうでなんとかしてくれないかなぁ(汗)

2019年 5月 2日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。