最新の記事 [RSS]
円盤も電子化してくれたら青天井なのに みゃー姉じゃなくても連写したくなる 16年の時を超えて青空へ・・・16年!!? 劇場版 サンザイ・オブ・ザ・サンザインズ 〜ATHの逆襲とWHの残光〜 HTMLとDKIMとDMARCと たぶん最後のクマーーーーーー!!!\(^o^)/ 2024Q1はアトリエ これで心置きなくアトリエ三昧 ClockRoom '24 - FIFOときどきLIFO 反省会 2023

AIは私の仕事をサポートできるか試してみた

雑に言ってしまえば「そんなのちょっと調べればわかるだろ・・・」レベルの質問など、いちいち回答せずにAIにぶん投げたい(爆) というわけで、何度教えても何度も来る質問をChatGPTにぶん投げてみた結果 ────

[私]$ AWS for PHPを使ってS3にファイルをアップロードするプログラムを出力して。 変数名はローワーキャメルケースで

以下は、AWS SDK for PHPを使用してS3にファイルをアップロードするサンプルコードです。 変数名はローワーキャメルケースで記述しています。
require 'vendor/autoload.php';

use Aws\S3\S3Client;
use Aws\Exception\AwsException;

// S3バケット名
$bucketName = 'your-bucket-name';

// アップロードするファイル名とパス
$filePath = '/path/to/your/file.txt';
$keyName = 'your-file-name.txt';

// AWSクレデンシャル情報
$credentials = new Aws\Credentials\Credentials('YOUR_ACCESS_KEY', 'YOUR_SECRET_KEY');

// S3クライアントを作成
$s3Client = new S3Client([
    'version' => 'latest',
    'region' => 'your-aws-region',
    'credentials' => $credentials
]);

try {
    // S3にファイルをアップロード
    $result = $s3Client->putObject([
        'Bucket' => $bucketName,
        'Key' => $keyName,
        'SourceFile' => $filePath,
        'ACL' => 'public-read'
    ]);

    // アップロードしたファイルのURLを取得
    $fileUrl = $result['ObjectURL'];

    echo "ファイルがアップロードされました。URL: $fileUrl";
} catch (AwsException $e) {
    // エラーが発生した場合の処理
    echo "アップロードに失敗しました。エラーメッセージ: {$e->getMessage()}";
}
このプログラムは、指定したファイルをS3バケットにアップロードし、アップロードしたファイルのURLを取得して出力します。 YOUR_ACCESS_KEY、YOUR_SECRET_KEY、your-aws-region、your-bucket-name、your-file-name.txt、/path/to/your/file.txtには、実際の値を指定する必要があります。 また、putObjectメソッドのパラメータは必要に応じて変更してください。

え・・・ なにこれ怖い。 ご丁寧に例外処理付きで完璧すぎなんだけど((;゜Д゜)

2023年 3月 19日 [この記事のURL] [コメント]


コメント


名前
内容
送信

※“http://”を含む送信はできません。